« 2017年1月 | トップページ

避難所生活の改善を

平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

前回の記事にも書きましたが、私の住む街では先日の豪雨の一週間前に起きた災害の影響で断水になりました。結果として断水は2日間だけだったのですが、断水した当初から復旧の見込みは経たないという行政の発表に多くの方が翻弄されたていました。

この事もあり、断水だけだからと思いながらも気分的に疲れてしまっていた事を今でも思い出します。そしてその時感じたのは、さらに酷い災害が起きた時、年老いた父や母の健康を維持する事の困難さ・・・特に父は障害者であり、多くの人が居る避難所には連れては行けないと改めて感じました。

そんな事を考えてすぐの今回の災害では岐阜県でも被害があり、多くの人達が避難所で暮らして居ます。そしてNEWSでは避難所生活で体調を崩した方や、おそらく避難生活の影響で亡くなられた方・・・そんな報道を目にする度に、被災者の事を考えるのなら、避難所云々ではなく行政がホテル等の借り入れを行い被災者を守るべきだと思うのです。

いつまでもいつまでも、体育館などの避難所に入れておくような話ではありません。それにです。災害が起こる度に避難所について話が出るのに一向に改善されないのか・・・勿論簡単な話ではないとは思いますが、いつまでたっても改善されない行政の対応に苛立ちを覚えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃加茂市の断水

下呂市内で降った大雨の影響で飛騨川の水質が悪化し、美濃加茂市内の浄水場が稼働しなくなり市内の一部地域では断水が6月29日の午前中から7月1日の朝まで続いていました。

我が家も断水の対象区域だった為、この2日間は断水が続いていた訳ですが、ある意味貴重な体験をする事となりました。

実は、飲料水や雨水を確保し災害時に備えていた為、少し気持ちの余裕があった訳ですが、経験してまだまだ備えが足らないのだと実感。断水中にポリタンクを一つ追加した程です。

今回一番不便に感じたのがトイレ。水洗トイレというのは、水がなければ機能しないのです。我が家のトイレはタンク式なので、突然の断水にも1回は使用可能なのですが、その一回を使用すれば、もう使えないのです。水は用意出来ていたとはいえ少しの水では流れない現実・・・。震災時避難所の衛生面が問題視されましたが、想像以上に切実な問題だと言う事を恥ずかしい事ですが改めて実感しました。

給水所にも足を運び水を頂いてきましたが、タンクいっぱいになった水を見ると、それだけで幸せを感じずにはいられなくなり、暑い中給水作業をする職員の方々が神々しく思えてしまったのは私だけでしょうか。ただポリタンクが用意できず少しでも水が欲しいと来られていた方も居たようで、この辺りは個人的に準備をする事も大切ですが、皆で助け合う事も考慮にいれないといけないのだなと…。

そしてもう一つの問題は老人などの健康面です。この断水期間中、父の健康状態が悪くトイレを使用する機会も多かったのですが、これで電気も使えず暑い中で過ごさなければならなかったと思うと、ゾッとします。

災害時にも困らない様に、もっと備えをしなければなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ