« 負けるな日本 | トップページ | 復興の方向性 »

聞えない防災無線

僕が住んでいる街の事です。

街には防災無線のスピーカーは完備されているのですが、立地条件が悪いため、わが家からはスピーカーから発せられる声が反響してしまい聞き取れない状況になってます。

以前は家の中にもスピーカーが設置されていたので聞くことが出来ましたが、市の経費節減の為か撤去されてしまいました。東北大震災等の震災だけではなく去年この地域で起きた水害などが、将来わが家付近で起きたとして、もし避難指示が出たとしても、スピーカーから発せられる声が聞えないわが家は確実に取り残されるのだろうな…なんて思ってます。

以前、市役所のHPから意見を担当課へ送った事がありますが返事すらなく諦めモードですがやはりこの様な事が起きると不安になりますよね。いくら家の中を防災対策してもそれだけでは不十分ですしね

そもそも市民の事を考えてるのか疑問にもなりますし、市を変えると若い議員さんも誕生しましたが、本当に変わるのか…本当に変える気があるのか…

被災地の状況など見てわが家に置き換えて見るといろいろな事が不安でいっぱいになります。

|

« 負けるな日本 | トップページ | 復興の方向性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118060/51334204

この記事へのトラックバック一覧です: 聞えない防災無線:

« 負けるな日本 | トップページ | 復興の方向性 »