« またまた講習会 | トップページ | エコポイントの申請 »

耐震診断

行政(岐阜県)が行なっている無料耐震診断についてです

行政の耐震診断は現場確認の後で(財)日本建築防災協会から発行されている診断プログラムによって診断されます。

今回は仮想物件ですがこのプログラムを使って耐震診断を行なってみます。

①まず始めに物件概要を入力していきます

Photo_8

概要を正確に入力する為にも診断を依頼するときは、何か建築中の写真や資料があるとより正確な診断が行なえます。

②次に行なうのが耐力壁の配置です。ここでも外壁や内壁の仕様、筋交いの位置などがわかると正確に行なえます。簡単な設計図面でも良いのでもし箪笥の中にあれば面倒ですが出して頂いて診断の資料にしてもらいましょう。もし図面が無いときでも診断は出来ますので諦めないでくださいね。

Photo_9

Photo_10    

入力は最初に外壁ラインを入れてから耐力壁を配置していきます。内部の赤いラインは各方向のバランスを検討する為の領域で各方向の1/4の部分で表されています。因みにこの仮想物件では上の部分と下の部分の耐力壁の量の比率の差が多くなっているのがこの時点でも目で見て解ります。

③そして計算をしていきます(自動計算)

Photo_11

Photo_12

診断結果は数値にて表示され最後に診断結果が出てきます。結果は 倒壊しない・一応倒壊しない・倒壊する可能性がある・倒壊する可能性が高い と4段階に分類されています。(写真は途中結果が出ていますが専門家ならばこの時点で結果は予想できます)

この仮想物件ですが接合部の金物でかなり数値が変ってきました。金物については建設時期でも想定できますがもし建設途中の写真があると良いですね。

ただどんな場合でも結果を見ると何処に補強が必要かが解ってきます。無料という事もありますが、先ずは診断をしてどこの部屋に補強を入れるか等、リフォームをふまえた対策を練ることも十分出来ます。興味のある方はこの機会に行政に依頼してみたら如何でしょう。

あ…診断担当者の逆指名も考慮して貰えるそうです←宣伝です (*≧m≦*)

|

« またまた講習会 | トップページ | エコポイントの申請 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震診断:

« またまた講習会 | トップページ | エコポイントの申請 »