« ドライブに行ってきました | トップページ | またまた講習会 »

著作権について

著作権という権利について日本では軽視されている事が多いと感じます。ワイドショーでにぎわす盗作問題や有名な歌の話題は皆さんの記憶にもあるかと思います。また最近多いのが個人ブログなどで他人の写真を許可もなく使う事などがよくみられます。

実は建築の世界(特に住宅建築)でもこの著作権を軽視する事が多くあります。ここで問題です

建物の設計図は誰に権利があるのか?

設計図は設計者がデザインし図面に描いたもので、依頼者ではなく作成した設計者に知的財産所有権が存在します。

“他の設計者が描いた図面だけど、この図面で建物を建てたい”

とまったく関係のない施工業者へ持ち込まれる方がいます(A社が作成した図面をB社に持ち込む等)。またその話に喜んで応じる施工業者も居ますが、これは要注意事項です。もしもその設計図で建物を建てるのであれば、その設計図を作製した設計者に許可をとらなければなりません。しかし…日本では

“かたい事いうなよぉ”

で済まそうとされる方が多いのが事実です。

現在では知的所有権を主張される事が多くなっています。当然訴訟になるケースも多くなっています。いまプランや建設業者さんを検討している方は、この点に注意してくださいね。

|

« ドライブに行ってきました | トップページ | またまた講習会 »

コメント

Nobuが話するの?

投稿: BlogPetのハルク | 2010年3月22日 (月) 15時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 著作権について:

« ドライブに行ってきました | トップページ | またまた講習会 »