« 心と言葉の乱れ | トップページ | 選挙 »

権利vs権利

ある方(以下Aさん)の話です。

Aさんは数年前に新築住宅を建てられました。建てた当初は周囲は畑…日当たりも良い環境でしたが昨年家の前の畑が分譲地になりました。(補足ですが前の分譲地の開発はAさんが購入した土地の仲介業者さんと同じ不動産屋さん(以下B社)が行っています) 通常この様な環境の変化にAさんは文句を言う事はできないのですがAさんの隣人が前の敷地が分譲地になった時、敷地の境から南へ3m程離れて建物を建てると不動産屋さんと約束されたそうです。(この約束を聞いてビックリですが…)

そしてAさんを含めた近所の方々はもう一度確認とこの不動産屋さんにその件を尋ねると、『考慮しています』と返事が来たそうで皆さん一安心されていました(この時点で皆さんとも約束されたそうです)

実はAさん…建築関係の仕事をされているのです。そして偶然にもこの分譲地を購入された方の家の計画図面を入手されました。そしてビックリ…その計画には建物を3m離すと言う約束が守られていなかったのです。

Aさんを含め近所の方々は不動産屋さんに再度問うと曖昧な返事が返ってきたとの事でした(結局先方には話していないようです)…そしてその後不動産屋さんはこの土地の購入者の方(Cさん)や建築業者さん(D社)に相談しもう少し離すと再度約束されたそうです。(この時点で3mは無理となったそうです)

しかし面白くないのがCさんやD社です。意味も無く裏を空けなければならない事に不快感を感じたそうです。そしてD社は図面が何処から漏れたか調べ始めました。

計画中の図面と言う事もあり、調べればAさんの存在は直に解ってしまいます。Aさんに図面を渡した会社(D社の下請のE社)はAさんに“個人情報保護法”に違反していると追求したそうです。D社としてはC社との関係が悪くなるのを恐れAさんに責任の所在を追及したそうですが…

ここで疑問です。ならばAさんはCさんの個人情報保護という権利の為に自らの権利を放棄しなくてはならなかったのでしょうか…

私の元にはこの件でAさん側・B社側・E社側から話が来ていました。誰が権利的被害を受けたのか…何処に原因があるのか…を考えれば一目瞭然だと思いますが結果を見れば社会とは素直に動かないものだとつくづく感じてしまいました。

|

« 心と言葉の乱れ | トップページ | 選挙 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

おつかれです。
権利と利害関係・・・冷静に考えれば明らかだと思うのですが。
事の首謀者??が責任をもってまとめなければもめるのは目に見えてますね・・・。第三者にお願いしたら、すんなりといくかもしれませんね。いや、無理かな・・・。

投稿: かず | 2007年7月23日 (月) 15時31分

かずさん、こんにちは。
この場合完全に利害関係が無い第三者でないといけませんよね。…というよりも原因はハッキリしてますよね。其処を見ないからおかしな方向へ行ってしまうと思います。
(そう言ってるのですけどね…)
でも最終的に其処に住まわれる方の事を第一に考えるべきでしょうね。売る・建てる…だけではなく…ね。

投稿: Nobu | 2007年7月23日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権利vs権利:

» マンション無料査定がわかります [マンション無料査定がわかります]
マンション無料査定についてまとめました。マンション査定の基本情報満載です。マンション査定を無料で行ってください。マンション無料査定横浜、千葉の情報もあります。お得なマンション無料査定をご利用ください。 [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 12時49分

» マンション査定だ [マンション査定売却]
マンション査定だ [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 02時16分

« 心と言葉の乱れ | トップページ | 選挙 »