« 命に対する恐怖 | トップページ | 権利vs権利 »

心と言葉の乱れ

設計とは関係のない話…

以前からNETゲームに参加している私です。参加者は中学生位から30代まで幅も広く、交流の場としてもなかなか楽しいゲームなのです。そしてこのNETゲームにもルールがあり違反した人には罰則が設けられているのですが社会と同じでそのルールの網の目を掻い潜る様な行為をする人もいます。その様な行為をするとその人に対し他の参加者から批判が高まったりするのですがNET上だと言う事もあり大抵その結果は…モラルを守りましょう…という言葉で落ち着きます。

先日もルールに反していないと主張する人(A君)が居ましたが誰が考えてもモラル的にルールに反してました。しかし最終的にA君はルールを作った人に責任があると責任転換をする発言をしていました。(何処かの政治みたいですね。)

そして先日このNETゲーム内で大きな騒ぎがありました。ある中学生(B君)がその騒ぎの中心でした。B君はNETゲーム内で同年齢の参加者にかなりの人気がありましたが、その言動に他の参加者(特に社会人)からは常に反感を受けていました。何故か…B君はいつもゲーム上で自画自賛的発言を繰り返し、人を馬鹿にした様な言葉を使い続けていたのです。時にはモラルを反する行為も…。そしてとうとうB君に対し彼を良く思わない人達が今まで以上の批判を始めたのです。そして彼を擁護する仲間と彼を批判する人達の間で大きな騒ぎが起きてしまいました。

所詮NET上だからと考える方もみえますよね。確かにそうなのです。だからこそ困った事にお互い遠慮がないのです。私は仕事が忙しくこの騒ぎに気がつかなかったのですが、NET上で知り合った人がこの騒ぎの中に入ってしまったそうです。そして学校の裏ならぬチャットに呼び出されたそうです。そんな事を聞いていると少々ため息が出てしまいました。

社会人の参加者が口を揃えて言うにはB君も言葉の使い方に対しもう少し謙虚さが表れればまだこんな事には…と言う事でした。中学生だからと許しててもいけない。教えてあげなければ…。と言う人も居たのですが…。

そして昨日あるブログを読みました。そのブログは大人の方が書かれてるのですが、B君の言葉にそっくりなのです。そのブログを読み…

子供達の言葉の乱れや心の乱れの原因は大人だと改めて感じてしまいました。

皆さん一度自らの言葉を客観的に聞いてみませんか?子供達の事を直す前に自分を直さないといけないかもしれませんよ。

|

« 命に対する恐怖 | トップページ | 権利vs権利 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

難しい問題ですね。
ネット上ではこの手のトラブルが多々あるようですよね。いじめや、ともすれば自殺まで追い込んでしまうような例もありますから。
確かに・・・僕も自分の言動を振り返ってみると・・・大人として、親として、もう一度自分を見つめなおす必要があるのかもしれません。

投稿: かず | 2007年7月19日 (木) 16時20分

かずさん、こんにちは!
私が読んだブログは実はかずさんの…ではないのでご安心ください。でもお互いに気をつけないといけないですね。最近特にそんな事を思うようになりました。
ネット上でも相手を思いやる心相手がや何を言いたいのか考える事が大切ですよね。文字で話をするからこそお互い礼儀ある態度が必要だと思っています♪

投稿: Nobu | 2007年7月20日 (金) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118060/15799121

この記事へのトラックバック一覧です: 心と言葉の乱れ:

« 命に対する恐怖 | トップページ | 権利vs権利 »