« 私が悪いの? | トップページ | 防ぐ事の出来る事 »

捨てられる人

父の日課は週一・二度の病院によるリハビリと、病院以外で行うリハビリが週二度ありました。病院でのリハビリは病気になってから続いていたリハビリで父、そして母の息抜きの場でもありました。その病院でのリハビリが

国の方針

の名の下に行えなくなりました。

今までは健康保険で病院のリハビリを行い、病院以外のリハビリは老人福祉を利用して行われていました。しかし法が改正された後、健康保険と老人福祉(現在介護保険)のダブル利用は認めていないという事になり所謂

専門的リハビリ

は一切行えなくなったのです。

TVの番組でも国の政治家(特に自民党)さんは代わりの機関を用意するとよく言われますが実際は利用者の理想とする代わりの機関などは未だに出来ていません。まるで自ら招いた財政赤字を印籠に変え『姨捨山法案』を強行採決した始末・・・結局弱者である私の父は病院に行く事を拒否されてしまいました。(当然定期検査は行えますが・・・)

そしてその日から父は動けないまま『病気再発生を待っている』かの如く日々を過ごしています。

国の考える福祉とは何でしょうか・・・美しい国と言いますが本当に美しいのでしょうか?いつまで経っても机の上や会議室で考えた使えない案を振りかざすのは止めて貰いたいものです。

|

« 私が悪いの? | トップページ | 防ぐ事の出来る事 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ねぇ、なんか国の方針って言うか間違ってますよね。弱者救済の方針はどこへ行ったんでしょうか・・・。
うちの嫁は介護の仕事をしてるので、この話題は特によく聞かされます。
まさに間違った方向へ行ってる気がしますね。

投稿: かず | 2007年5月 2日 (水) 11時52分

なんだか自分達の財布を潤す為に他人の財布からお金を奪っていく様なものですよね。
国民あっての政治家や公務員なのにいつの間にか自分達の利権を守る事ばかり考える人達が目立ってきた気がします。(マスコミの御蔭か…)そして増税…福祉の為ならば賛成出来るのですが…。

投稿: Nobu | 2007年5月 2日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捨てられる人:

« 私が悪いの? | トップページ | 防ぐ事の出来る事 »