« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

雨漏れに御用心

某保証会社調査による瑕疵対象の9割が“雨漏れ”との事です。この雨漏れについて原因が記載されていましたのでご紹介します。

雨漏れしやすい箇所に ①バルコニーの手摺取付部 ②下屋根と壁の納まり部 ③外部建具周り ④バルコニー建具の下端 ⑤軒天と壁の納まり部 が挙げられていました。 私の現場経験(間接的現場も含め)でも実は④以外は経験があるのです。

デザインから起しやすい雨漏れ

デザインを追及するあまり雨漏れがし易くなる場合があります。その代表的デザインにバルコニーの手摺壁上端を左官仕上にする…や、軒の出を無くす…がありますが其れが上の①,⑤に類するデザインなのです。そんな事を書けば 『しっかりと仕事すれば大丈夫だ!』・・・との声も聞こえてきそうですが家は老朽化していく事を考えて貰いたいのです。 “コーキングで雨処理” などは場所によっては1年もちません。勿論コーキング処理も大切ですが漏れてもよい収まりが重要なのです。

施工不良からくる雨漏れ

上記の②,③,④は監理者や施工者(現場監督)がチェックしていれば大抵、防げる事項なのです。②などは屋根の下地防水を壁下地防水紙と規定通り重ねてあれば良いのですが現場によっては重ね部分が無い場合もあります。これもよく、“ノシ板金(水切り)”があるから大丈夫だと言われますがよく見るとその板金と瓦との間に隙間が空いていますし、隙間が埋められてても年数が経てばその隙間は発生してくるのです。大切なのは…入ってきた雨が防水下地によって外へ出される納まりかどうか・・・なのです。瓦やサイディングで雨を防ぐと言うのならば下地防水などいらない筈なのです。なぜ必要なのか…監理者や施工者は“其処”を考えなくてはいけません。(職方の工事中の寒さ対策や雨対策の為にあるのではないのです)

そして③,④…これも②と同様です。コーキングが切れ入ってきた雨を部屋の中に入れないようにしなくてはいけません。入ってきても外へ吐き出す納まりが大切なのです。(実は外観から見ても雨漏れしやすい納めの家は解るのです)

だろう…で済まさない事

お施主様も監理者や現場監督者も 『…(大丈夫)だろう』 では済まさない事です。特に監理者や現場監督者は理屈にあった考えで現場を進めなければいけないのです。他人任せの現場ほど危険な現場はありません。なぜなら・・・各職方との仕事の変換箇所が文字通り隙間を発生させているのですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

融資・・・

見積もりが届き概算的に必要となる金額が見えて来ました。

次は銀行…と思っている所へタイミング良く銀行さんが我が家へ…

“いつもより早くない?” ・・・と私が聞くと・・・

“融資の件で来ました。確定申告はお済ですよね。” ・・・となり申告の書類を渡す事に・・・

“早いといつ頃になる?” ・・・と聞けば・・・

“4月下旬かな~” ・・・と答えてくれたので・・・

“じゃあ5月には着工かな~” ・・・と言うと・・・

“早くてですから・・・” ・・・と念押しされる・・・

“解ってるよ~それ以上は早くならないと言いたいんでしょ” ・・・と笑いながら言うと・・・

“そんな事もありませんよ” ・・・と・・・

どっちやね~ん

その言葉に私は心の中で叫んでみた。

さてさて・・・此処まで来て“駄目でした”・・・と言われたらどうしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見積もりが来た

噂をすればなんとやら…

このブログを読んでいるのか…と聞きたくなるほどタイミング良く『事務所建築工事見積書』が届きました。

そして一言感想・・・

た・か・い!

・・・色々高価(?)な材料をこの現場で処分するらしく見積仕様よりも良くなるとのコメントを頂きました・・・我事務所が在庫処分用現場になるとは・・・

本心からあ・り・が・た・い!

と思うのですが一言・・・

た・か・い!

少し此方で段取(別途工事)しようかとも思いながらも

これは少し貯金を使わないといけないようです・・・(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見積もりは…

確定申告が終わった頃叔父が我が家にやって来ました。

“土地の契約はいつ頃にする?”

…と…

“来年度だからもう少し待ってもらえる?”

という私の返事に叔父は理解(?)して我が家を出て行きましたが…

“まだ建物の見積もりが出ていないから話が進まない…”

と私が言えば母が

“家来る前に自分(叔父)の息子の尻叩かな、あかんわ~”

…と…(叔父は母の実兄)

そして未だに見積もりが来ない。工事金額で決めようと思ってた部分がまだ決まらない。

そろそろ電話するかな…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

むずかしい

↓の記事の件についてはお施主様と相談の結果私から連絡をする事になりました。

さて現在計画進行形の物件で植栽計画を進めていますが…植栽って難しいのです。そう…

説明が…(汗

木は生き物ですから一本一本違うのです。電化製品や新車の様にはいかない…参考にと取り出した何冊かの本に載っている植栽の写真を見ても同じ樹種なのに全く違う…

本当に難しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

確認してよ②

私が前に勤めていた会社で設計・施工をした物件(G邸)があり“2年点検”を昔の同僚のAさん(数ヶ月間一緒に働いた人)が伺っているそうです。

先日まで設計・監理を行っていた物件を私が以前勤めていた会社が施工していたのですが、その物件で不具合があり(正確にはお施主様別途工事)Aさんがその現場にみえました。そしてその現場で…

“G邸の床暖房は何ですか?”

と聞いてくるのです。 “え!?” と思い “…電気ですよ…” と答えると

“電気?温水ではないの?”

と聞いてくるので

“電気ですよ・・・”

と答えると

“ガスで沸かす温水タイプではないの?”

と再度聞いてくるので

“電気だよ・・・間違いないよ”

・・・と・・・

そして私は “【定期点検】に伺うのなら資料ぐらい確認してよ・・・” と言えば・・・

返事なし

そして・・・“床が鳴るが何処でなるか解らない”・・・と・・・

“資料を見れば何処にどんな種類の床暖房が入っているか解るよ・・・図面にも記載されてるし・・・収まりだって想像つくでしょ?”と言えば・・・

“現場は図面通りにはならない!”

・・・と返ってきた・・・

(´-ω-`;)ゞポリポリ

“じゃあ写真確認しろよ~写真見たら解るよ・・・パソコンに残ってるだろ~”

と言い・・・

“お客様に迷惑だけはかけないでよ・・・”

と言うと・・・

“迷惑って何ですか!?”

と・・・

“的確に直す事でしょ・・・何度も何度も直しに行ってたらそれだけで迷惑かからない?”

と答えた返事が・・・

“少し聞いただけなのに・・・”

と言ってその現場から立ち去ってしまいました。←用事もあったので

その後Aさんは現場に戻って来ましたが最後まで私と会話する事無く私より先に帰られました・・・

その後Gさんに定期点検について聞けば・・・

“一ヶ月以上何も連絡ないよ~図面も何も無いから解らないって言ってたけど・・・大丈夫?”

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

確認してよ①

飛騨市の古川町に今、監理物件があるので先日行ってきました。

知っていると思いますが・・・雪がない・・・

除雪され山になった雪が残っている程度で道には雪がなく遠くの山に白い雪を見る程度です。

若い棟梁と話をしていたのですが今年は雪がないため仕事が捗ったそうです。そう・・・捗りすぎて春の仕事が空きそうなのだと・・・毎年冬場は雪の為工場での仕事がメインらしいのですが今年は雪がないので現場に・・・その為予定よりも早く竣工なのだと・・・(あれ~…

竣工時のチェックも色々あります・・・設備が付く前に確認した事が変わっている事も・・・聞けば機能が良く安価だったから施主了解で変えたと・・・しかし・・・その為に確認申請は変更届を出さなくてはならないのです。変更届けも無料ではありません・・・しかし今更機具は返品できないのです。せめて取り付ける前に聞いてほしかった~(取り変える様に指示できる立場ですけどね・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

呟いてみた

最近良くない事が自分の身にも周りにも頻繁に起きています。その為更新が・・・

今、自分の身に降りかかってきた“嫌な事”は時間薬で緩和されていきますが、進行形の心配事を持ってしまった身内には“出口が見えない為”に不安がつのり、心から身体を壊してしまうのではないかと考えてしまいます。そして…皆さん事故だけは気をつけましょう。十分防げる事故もあるのです…私の身内はその様な事故で他界しました。

そして私はここ数日…

健康のありがたさ…命のありがたさ…人の存在自体のありがたさ…

を少し考えながら…そのありがたさを解らない人の言葉が心に刺さったままです…

ただそんな時にも嬉しい事があるものです。以前勤めていた会社の後輩から電話が…

“誕生日おめでとう御座います。それだけの電話で~す。”

…と…お気軽な彼からの電話に本気で笑ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »