« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

本日御引渡し♪

本日大安という事もあり、設計監理を行っていた住宅の

お引渡し

が行われました。一通り施工業者様から御施主様へ御説明が行われ最後に鍵を“本キー”に変更して終わりです。今回も色々ありましたが無事(?)仕事もひと段落です。。。

一つの仕事が終わっても私達の仕事は終わりません。(終わったらやばいです)そして夕方・・・仕事が終了したという余韻に浸る間もなく

『先日の工事をお願いしたいと思います』

・・・と連絡が・・・さあ~またがんばりましょう~♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

がけっぷち犬

TVのニュースで“通称がけっぷち犬”が新しい飼い主に引き取られていったと微笑ましい映像を放送していました。

がけっぷち犬・・・という名前がなにやら親近感を沸かせてくれますがその“がけっぷち犬”の兄弟だと思われる犬もその時一緒に保護されていたのですが、此方の犬には飼い主になろうとする人が誰もいないそうです。多くの人達が“通称がけっぷち犬”の里親になろうとしたのにも関わらず、この報道もされなかった犬には見向きもしない現実に・・・

ε=(‐ω‐;;)

“通称がけっぷち犬”の里親に応募した人々よ。切羽詰ったこの“がけっぷち犬”の里親にはなって貰えないものですかね。

TVで報道されたから同じだろ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軍艦島

軍艦島について御存知の方はどの位みえるのでしょうか?

細かい説明は、このサイトを見て頂きたいと思います。

私の住んでいる近くに廃墟となった建物が幾つかありましたが最近解体工事が進められています。今度は何が出来るのだろうと思いながら変わりゆく景色に、少し寂しい思いを感じてしまいます。子供の頃よく工場の跡地(跡地ではない場合もあり・・・)などを探検した思いもあり、廃墟をみると少しワクワクするのですが、最近廃墟で起こる事件を考えればその様な廃墟は・・・などとも思います。

東海地方には“明治村”“大正村”“昭和村”など各時代を物語るテーマパークがあります。建築史を学ぶ上でこの様なテーマパークに足を運んでいたのですがこれ等はあくまでテーマパークなのです。しかしこの軍艦島は昭和の遺跡ともいえるのではないでしょうか。建物の中に残るTVや家具がその時代を物語っています。この小さな島の姿はまるで映画にも出て来そうな姿ですが観光地としてではなく文化遺産として保存して貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒る親方・・・その訳は・・・

ある不動産屋さんの分譲住宅における建築現場での話です

私は知人からの依頼でその現場に行くことになりました。現場に着き始めに目に入ったのが外部に接続された柱の補強金物・・・所謂V金物と言われる金物です

Zu_kanamono2 ←これがV金物です

最近あまり使用されなくなった金物なのです。何故か・・・使用する釘が太く長い為施工状況や施工精度が悪い(大工さんが疲れるとか木が釘で割れやすい等)などがありました。その為か以前は使用しなくてはならない釘よりも小さな釘で留めている大工さんが多かったのです。

私は恐る恐る見れば・・・やはり通常よりも小さな釘を使用してありました。親方(建築業者社長さん)は自慢気に『悪い処はあるか?』・・・と言われたので『釘・・・大きさはいくつですか?』と聞けば『Z釘や』・・・と・・・しかしZ釘と言っても長さは様々です。実際使用した釘を見せて貰えば・・・規定の半分しかない釘でした。

怒る親方・・・

釘が小さい事を親方に告げると親方は怒りを抑えながら『いつから規定が変わった!?』・・・と言われるのです。『以前からですよ。』と答えれば親方は『今まで100件以上も性能●●の検査を受けていたがそんな指摘を受けたことは一度も無い!検査で言われない事を何でお前に言われるんだ!』・・・と・・・そして怒って行ってしまわれました。

理解する親方の息子さん・・・

親方が姿を消してから親方の息子さんが私に近づいてきました。『直すよ』・・・少し不機嫌そうに言いながら短い釘を外し規定の釘で留め始めたのです。そして・・・『用意したV金物に釘が付属されてて2階は長いので留めてある・・・今まで短い釘で留めていたから途中で短いのに変えたんだけど・・・先日検査した時も何も言われなかった。釘も見ていったんだけどね。』・・・と・・・確かに2階は規定通りの釘が留めてありました。そして息子さんは付け直しながら一言・・・『検査が合格なら正しいと思う。だからその通りに施工する・・・悪い施工なら直さないと・・・』

補足ですが、この他にもこの現場の状況を見させて頂きましたがその他は綺麗に納めてありました。そして今日・・・監理している物件の現場監督さんに釘の大きさについて問うと・・・

『さあ・・・知りません・・・』

でした。さあプロの方々よV金物の釘の大きさって知ってますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新が・・・

なかなか更新が出来ません

記事は少しですが書いているのですが・・・忙しいのを理由に中途半端になっています。

そして今日はめでたい事に義弟夫婦にが誕生しました。

平成19年1月26日誕生

忘れないように・・・メモメモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新事務所

現在、自宅の一室を設計事務所として仕事をしているのですが、正直手狭という事と父の介護用品の置き場がないという事で・・・

物置車庫事務所

を計画している私なのです

自宅がある敷地の裏が空き地になっており(すでに此処を駐車場として利用中)この敷地を買うことに・・・(地主は叔父(母の兄)です)

先日叔父の家に行き土地購入の件で了承を得て来ました。

そして現在見積依頼中・・・なのですがこの話・・・銀行がお金を貸してくれないと消えてしまう話だったりするのです。なにやら心の中にヒヤヒヤするものを感じ始めた私は

銀行様~

とすでに神頼み中なのです。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

玄関収納

玄関収納と聞いて第一に思い浮かべる物は何でしょう?大抵の方が『下駄箱』を思い浮かべるのではないのでしょうか。

昔からあるタイプの下駄箱は・・・

Photo_8 ←デザインは違いますがこんなタイプ(ローカウンター)

・・・ではないでしょうか。しかしこの低いタイプだと収納力という面であまり力を発揮しないという事で十数年前からこのタイプの下駄箱が・・・

Dscn2791 ←これまたデザインが違いますが・・・

・・・天井まである高いタイプの下駄箱が主流になりました。しかし現代では一人当たりの靴の量が多い・・・いや・・・靴だけではなく趣味の一部の道具も多くなり玄関にはもっと大きい収納が必要となっています。

Dsc09526_1

←そこで最近戸建でも多く見られるのが玄関横に造った“シュークローゼット”(漢字で書けば“玄関横の納戸”)数年前からマンションで多く見られた間取りですが最近は戸建にも普及してきました。扉の中は様々でCLタイプの収納から納戸タイプの収納まであります。(内玄関タイプとしての活用もあり・・・)そしてこのシュークローゼットの利点は・・・マンションで多く見られたと言うとおり、離れ住宅など狭い家にも活用できるという事です。下駄箱が置けないほど小さな玄関でも工夫次第ではこのシュークローゼットが適うのです。

Photo_10 ←そして此方はシュークローゼットと納戸とパントリーを合わせた部屋です。玄関横に設置したこの部屋にはキッチンからも出入が出来、土間付きの勝手口を設けた事により食料品は勿論土つきの野菜なども保管できる部屋となっています。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

たかが雪達磨…されど雪達磨

今朝、家を出ようとすると妻が

『雪達磨の顔がない・・・』

と言うのです。家を出て見てみると・・・

Dsc09483 ←朝起きた時確かに頭があった筈の雪達磨がこんな状態に・・・首の部分は明らかに人の仕業でもぎ取られた跡が・・・そして雨水枡の横には不自然に残った雪の欠片が・・・私の家の前は小学生の通学路です。疑うわけではないのですが・・・私は気を取り直して妻と刑事の真似をしながらこの写真を撮りました。

そして夕方帰宅すると家の前に・・・いやこの写真の場所に小学生(高学年の男の子5人位かな)が集まっているのです。この場所は車が敷地に入る場所でもあり彼らが邪魔だった私は“ビッビィー”とクラクションを鳴らしました・・・すると驚いた小学生達、そして彼らの後には何本も黄色い分団旗が刺さった雪達磨の残骸が・・・その残骸を見た瞬間つい・・・

『おい!こらぁ~!』

と・・・車の中から・・・

そして彼らは逃げ・・・時折此方を見ては私の様子を伺っていた・・・

彼らも雪達磨を作った経験はあると思うのです。雪達磨の残骸とはいえ・・・彼らに悪意は無いにしても、もう少し考えた行動を取ってもらいたいものです。6年生なら特に・・・

Dsc09484 ←気分が悪いので本日の飛騨地方の写真を・・・

1月11日朝・・・小学生の登校後に家の前を見ると・・・さらに雪の残骸が散らばっていました・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

写真って難しい・・・

監理中の物件の写真をデジカメで撮っているのです・・・外観写真はまだ良いのですが、内観写真が難しいったら・・・学生時代一眼カメラを持って写真を撮ってはいたのですが・・・全然違っていて難しい・・・前の会社では折込広告用の写真を撮っていたのですが・・・本当に難しい・・・

よくプロのカメラマンさんが撮った住宅の内観写真をみれば・・・さすがプロ・・・って感じです。どうしたらあんな写真が撮れるのか・・・やはり道具でしょうか・・・ね。

Dsc02803 ←こんな感じ・・・(携帯電話で撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おそっ。。。

大変遅くなりましたが・・・

あけましておめでとう御座います

仕事始めは・・・4日からでした・・・今年の正月はゆっくりと・・・と考えていましたが気がつけば・・・でした。そんな事で・・・

今年もよろしくぅ~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »