« 意匠が台無しにぃ? | トップページ | ようやくM2 »

建築家か・・・設計士か・・・メーカーか・・・工務店か・・・土地か・・・

少々長ーいタイトルとなりました。

家を建てようと思った時、根本的要素として何を第一優先とするか・・・という内容で・・・

1:土地・・・すでに土地を持っている人は良いのですが土地探しから始められる方は建てる場所を考えなくてはいけません。この地域で・・・と探しすぐに見付かれば良いのですが・・・なかなか無いのがほとんどです。場合によっては建売しかなく、希望の建物が建てれない方だってみえると思います。建物を取るか・・・土地を取るか・・・非常に難しい選択だと思います。建物を仕事にしている私としては土地より建物を優先してもらいたいのが本音ですが・・・土地選択も非常に大切な要素ですので・・・建物と土地は切り離して考える事が良いのではないかと思います。

2:建築家・・・デザインされた家(芸術的価値のある建物)が欲しい方なら建築家に頼む事をお奨めします。世界に一つしかない誇れる家や造形美が得られると・・・ただ現実的な人には不向きかもしれません。ある有名な建築家が言っていました

『私の作品は使い勝手が良いとは思わない。むしろ使い勝手は悪い。ただ使い勝手が悪いからこそ得られるものがある。』・・・と

一度自らの価値観を再認識してから頼むと良いでしょう。しかし建築家の家は・・・事実普段得られないものが得られると・・・(私が言う建築家とは芸術家の事を言います。自称建築家さんは設計士さんに含まれます)

3:設計士・・・デザインから使い勝手、構造的要素までトータルに考えるのが設計士です。(人それぞれに得意不得意はありますが・・・)何事もバランス良く創りたいと考えるのなら設計士がお奨めです。でもそれだけが設計士を選ぶ利点ではありません。現実に出来る建物を施主の目線で確認する事、貴方が疑問に思った事を解決してくれる事など、利点は他にもあるのです。監理というものは金額的にも余分に思われるかもしれませんが、家造りにおいて精神的にもウエイトは大きいものです。ただ・・・中には施主と同じ目線でない設計士もいるので・・・

4:メーカー・・・メーカーを選ぶ利点は、どんな家が出来るのか・・・と言うのが解りやすいという事です。そしてデザインも最近は良くなったと言う事だけではなく、建物実験が行われていると言う視点から性能的にも安心ができます。ただ一軒の家を建てるのにかかる経費が高いため建築費が高くなるというデメリットがあるのが現実です。あと・・・全国的規模の為、担当者さんが代わると言う事も・・・

5:工務店・・・工務店の利点は、地域密着という点です。いつも担当者が近くにいるという安心感があります。ただどうしてもどんな家が出来るのか・・・という思いに上手く答える事が出来ないのも事実です。(パースや模型ぐらいしかない)そして技術的な事については経験から来るものが多く、数値による説明が苦手な事も伺えます。その為小さなクレームが大きなクレームに繋がる事も多々あるのです。自社設計を謳う工務店もありますがどうしても工務視点からの設計の為、本来の設計業務とも違いが出てきます。・・・とは言え地域密着という利点は住み出してからが大きいのです。しっかりとした設計事務所や第三者検査保証会社との連携を踏まえて考えると・・・メーカーに負けない・・・いや・・・それ以上の家が出来上がると思います。

|

« 意匠が台無しにぃ? | トップページ | ようやくM2 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築家か・・・設計士か・・・メーカーか・・・工務店か・・・土地か・・・:

« 意匠が台無しにぃ? | トップページ | ようやくM2 »