« これも一種のリバウンド? | トップページ | 木造住宅の構造材 »

介護保険は・・・追記

先日、介護保険について書いてみました。私はこのシステムの全てがいけないと・・・思っているわけではないのですが・・・まだ直すべきところは多いと思います。

最近思う事・・・

脳梗塞になり2ヶ月すると一つの分岐点に辿り着きます。

『復帰に向けてリハビリ重視の病棟に行きますか?』

ここで『YES』という判定が出ると今までの病棟からリハビリ病棟へ行く事になります。

『さあがんばってリハビリだー』

とリハビリが始まる訳ですがここで発生する問題は4ヶ月後には退院しなければいけないという事なのです。(180日という問題)

リハビリ病棟に来るという事は簡単に言えば病気の症状は治まり退院も可能だという事なのです。ただリハビリしないと家に帰れない・・・という人の為にあるのです。長々とリハビリをするのではなく短期間にがんばってリハビリをする。。。という事。。。此処までだと悪い内容には思えませんがよく考えて欲しいのです・・・病状は人それぞれなのです・・・病気になってから一定期間で治るとは限らないのです。そして治れば誰でも専門的なリハビリを受けたいのです。しかし現法律は病気発生から2ヶ月以内にリハビリ棟へ移動しないとこの専門的なリハビリがもう受けれない・・・という事なのです。私はまずこの2ヶ月という線引きに問題があるのだと思うのです。

そしてこんな事が・・・

少し無理をしてでもリハビリ棟へ移動したい・・・家族のそんな思いから2ヶ月経つ直前にリハビリ病棟へ移動してくる患者さんがみえます。・・・ですがなかなか本格的なリハビリを受けるまで回復しないのです。同じリハビリをしても人それぞれ成果が出てくるのは当然違います。しかし・・・一日一日退院の日は迫ってくるのです。そして家族の不安が・・・この状態で家には帰れない・・・そう思ってもどうにもならない現実なのです・・・180日後からすべて自己負担なら問題ないのですが・・・保険が利く状態で30歳位の人の給料と同じくらいのお金を病院から請求されるのです。とても自己負担なんて・・・できますか?(その請求書を見たとたん家に帰った人もいるのです)

ならば通常病棟に居れば良い・・・

180日という期限が守れないのなら通常病棟に居れば良いのです。通常病棟は病気が治らないのですから病院を追い出される事もないのです。しかし・・・追い出される事はないのですがもう・・・もうリハビリを受ける事は出来ません。2ヶ月を過ぎ通常病棟に居るという事はある意味社会復帰・・・が無理だという事になるのです。それを法律が決めたのです。私は国が患者を見捨てたと思います。何の為に見捨てるのか・・・それは自分達の為に・・・

姨捨山・・・

昔、貧しい人々は年老いた親を生活の為に山へ捨てました。この法律は正に現代版姨捨山・・・ただ違うところは裕福な人々が役に立たないと思う人を捨てたという事です・・・

あ・・・会社と一緒か・・・栗鼠虎・・・

(リハビリ病棟とはリハビリ病院も含みます)

|

« これも一種のリバウンド? | トップページ | 木造住宅の構造材 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

Nobuさん、こんにちは

良く研究されていますね。入院日数については有識者?と呼ばれる人方がある統計的なデータをもとにして決めているのでしょうけど・・・一律に2か月以内というような個人差を無視したような決め方はどうかと私も思います。

また、厚生労働省は病院側に平均在院日数などによる縛りを行い、患者には入院日数が長くなると自己負担が増えるような仕組みを作って健康保険の財政破綻を防ごうとしていますが、元々は自分たちの無駄遣いが招いたことですからねぇ、それを国民に押付けるのは・・・・おかと違いというものです。

私の父は先日、療養型病床群のある病院に転院しましたがそこの回復期リハビリ病棟には入れませんでした。とりあえずそこの一般病棟に入り様子をみて医療保険の療養型病棟か介護保険の療養型病棟に移るようです。どちらも自己負担はそんなに違わないのですが医療保険の療養型の方が障害者手帳を持っているので若干、自己負担が軽くなるようです。

いずれにしても現行の制度で患者(父)にとって一番良いと思われる方法を見つけなければいけませんね。どんどん制度が複雑になっていくのでソーシャルワーカーやケアマネージャーに任せるのではなくこちらも勉強しなければいけないと考える今日この頃です。

お互いに頑張りましょう。

投稿: KUMa | 2006年9月13日 (水) 01時57分

KUMaさん、こんにちは。。。
KUMaさんの以前のコメント通り現法律の・・・嫌な処・・・が見えてきました。今までにも好き好んで入院している人はいないと思うのです。それを財政の為にと・・・ねぇ・・・おかしいですよね。まあ好き好んで入院を繰り返す人々ですから感覚も変わっているのかもしれませんが・・・。
それでもお互い前を向いていかないといけませんね。一番良い方法を考え、経験し、それを周りに教える事。。。そしてその事がとても良い経験だと思えるようになりました。

投稿: Nobu | 2006年9月13日 (水) 17時13分

ネットでシステムを介護しなかった?

投稿: BlogPetのハルク | 2006年9月16日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険は・・・追記:

« これも一種のリバウンド? | トップページ | 木造住宅の構造材 »