« 若き設計者さんへ・・・ | トップページ | 我が家のリフォーム »

最近思う事

前回の記事に関連されています。。。

私が学校を卒業して設計事務所に入所してからのことです。社会人1年生の私はいくら建築の学校を卒業したとはいえ素人そのものでした。 『最初は全てが勉強だ』 と周りからも言われ自分自身もそう考えていましたが・・・入所してすぐ感じた事は・・・誰も私に設計を教えてくれないのです。あれをこれをと指示はされるのですが何をどうしたら良いのか?それ自体何なのか?誰も教えてくれないのです。そして悩みながら仕事をしていると『まだそんな事しているのか?』と言われたりもしました。

確かに先輩などに聞けば良いのですが・・・何度も聞けばめんどうな顔をされるので、聞けなくなってしまうのです。最初の1ヶ月は正直嫌気が・・・そんな時、学生時代に兄がくれた建築図面を見つけました。その分厚い設計図書には今まで理解できなかった事が幾つも書かれており、正直仕事の助けになりました。そしてそれからと言うもの休みの日には本屋さんへ行き欲しい資料を買い、次の日からの予習をするようにもなりました。

仕事とは自分から勉強をしようとしないと覚える事はできないと・・・なぜなら基本的な事を学んだとしても全てが同じではないのです。つまり・・・マニュアルがあったとしても其処には参考的内容は書かれているだけで、答えが書かれているわけではないのです・・・応用を覚えないといけない・・・私は建築士の試験勉強をしている時も、この試験問題が実際、仕事上何処に当てはまるのか・・・試験問題の答えは解っても実際活用できるのか・・・不安を感じていました。

話は変わり私が30歳を過ぎた頃です。周りには私よりも若い子が増えてきました。そして3年も経てばそんな若い子達も仕事上の事で文句を言うようになります。上司から叱られ拗ねる若い子達が揃っていう事は・・・

『そんな事教えてもらっていない』 『教えてもらっていない以上出来るわけがない』  『叱る前に自分(上司)の事を・・・』

でした。確かに知らないことは誰でも出来ません。その都度学んでいくのだと思います。しかし・・・社会(会社)は学校ではないのです。お金を貰い働いているのです。無意識でしょうが、どーしても学校と社会(会社)を一緒に考えてしまう傾向がある。そしてこんな言葉・・・ 『会社に来ればお金がもらえる』 会社には打出の小槌でもあるのでしょうか?あったら私は・・・欲しい

ある質問とその・・・

ある時私は後輩から私がどの様にして仕事を覚えたかという質問を受けた事がありました。私は今まで仕事の知識を得る為に少ない小遣いから本を買い勉強をしプライベートも仕事に費やしていた事など話をしました。そして最後に大変だからお奨めしないけどと・・・そしてその反応は・・・其処までするほど建築が好きなわけではないとの反応・・・プライベートは一番大切という反応・・・だったりしました。そして中には・・・同調し最もな事を言いながら明らかにプライベート優先の行動をする後輩も・・・そんな後輩の姿をみると私は古い人間だなぁ。。。と思いました。

ただ腹が立ったのは・・・その割には仕事での自慢話をするんですよね・・・その裏でこっちが苦労したのをしらないくせに・・・(毒

今日は機嫌が悪いのでこんな内容に・・・すみません以後こんな事は無い様にします・・・(反省  m(_)m

追記:父の容態は・・・リハビリ中・・・しかし点滴が無くなるとまたもや軽い脱水症状が起こる・・・水分補給がこれほど難しいとは・・・

|

« 若き設計者さんへ・・・ | トップページ | 我が家のリフォーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118060/11583444

この記事へのトラックバック一覧です: 最近思う事:

« 若き設計者さんへ・・・ | トップページ | 我が家のリフォーム »