« 我が家のリフォーム | トップページ | 設計士は先生か »

介護用設備

前回の続きになります。特に①,④の部分についてかな。。。

家での生活で困るのはまずトイレ・・・一番先に思いついたのが←これ007 です。便座部分がリフトUPするトイレで膝の負担も軽減されるのです。これなら車椅子などへの移動が少しは楽になるのではないかと・・・しかし・・・その為には当然介護者の助け(支え)が必要になる・・・当然介護者のスペースが必要にもなるし手摺だって必要になる・・・そこで・・・

006 ←こんなのがありました。見てもらえれば解りますがそのままトイレへ・・・そして嬉しい事にウォシュレットも使用OKとの事。。。実は心配事もありますが詳細的な検討は後日にしてチェック

002 次にお風呂・・・調べてみると←こんなのが・・・これは座席部分が自動で下がって湯船に浸かる事が出来る機械です。これは良いと思いきや・・・介護保険の購入対象外でレンタル品扱いとの事。。。色々問題もありそうで少しトーンダウン・・・他に使えるのがないか調べると・・・

001 ←こんなのが・・・これは浴室内で使う回転椅子です。これなら身体を洗った後、身体を簡単に浴槽へ向ける事が出来ると・・・しかし・・・車椅子で脱衣場まで来た後に此処へ座らせるのがこれまた大変そうで・・・悩みながらさっきトイレで紹介した車椅子。。。浴室で使用OKなものもあるとの事。。。そのまま浴室へ行けて、そのまま身体も洗える。。。これは良いとダブルチェック!・・・すこし使い勝手に不安が出ますが・・・細かい部分は再検討で・・・

003 005

そして←これをお風呂へセットで。。。左は浴槽に入る為の蓋(椅子)。右は湯船の中の椅子。。。これならリハビリの成果によっては湯船にも浸かる事が出来そうです。。。

色々使えそうな器具を選定してみました。。。どーぅでしょうね。。。よいでしょうか???

しかし・・・調べてみて思った事は・・・車椅子使用者が使えそうな器具って少ないって事です。すこし身体が不自由になった方の器具は多いのですが重度の障害者に対応する器具は少ないって事ですね~。

PS:今回使用した写真はクジと同じ様な名前のメーカーさんのHPから頂きました。

|

« 我が家のリフォーム | トップページ | 設計士は先生か »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

きょうハルクは、前回生活しなかった。

投稿: BlogPetのハルク | 2006年9月 1日 (金) 12時11分

実家の引越し先を決めるときにトイレの改造方を検討しているうちに他の人が契約してしまって話しが無くなったことを思い出しました(^_^;)

これまでの記事を読んでいてNobuさんの所は、一番上の写真が良いのかなと勝手に思っていました。お母様にも将来喜ばれるかと思います。上記の件でショールームに私の母親を連れて行ったとに母が体験して「私も楽だわ!」と大変気にっていました(^_^;)

2番目の写真のは、トイレの改造が少なくて済みそうですね。でも・・・外しているかもしれませんがポータブルトイレを用意したほうが夜は便利かと思います。外していたらごめんなさいm(__)m

確かにお風呂はいろいろな物があるのですが、車イスとセットで考えると少ないですね。2番目の写真の車イスなんかはお風呂でも使えそうですが・・・広さが問題になるかな?
利用できるものは何でも利用して長い目で考えたいですね。

ところで、先日、楽天で介護用品のショップを見ていたら今年の4月の介護保険の改訂で通販では介護保険の購入補助対象にならない場合があるので確認が必要だというようなことを書いているショップがありました。何だか良く分からないのですが、不便になったことだけは間違いなさそう...

投稿: KUMa | 2006年9月 3日 (日) 03時13分

KUMaさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます♪
そうなんですよね~母の事も考えると一番上が良いと思いますし・・・でも父のリハビリの成果如何では使わないかもしれないしで・・・まだ考え中です。
2番目の車椅子は別売バケツを付ける事によって補助対象になるそうです。我が家の浴室の大きさは最低限の大きさです。問題になる入口は3枚引き戸になっているので此処は問題無しかな~と思い・・・ただ今まで置いてあった物を退かさないといけないという問題はありますけどね。
ほとんど検討無しに決められた弱者虐めの法律です。次期総裁が今更ながらに奇麗事を言ってますが・・・信用できるわけがないですね~支援者は有頂天になってますが・・・あ・・・また話ずれてる・・・

投稿: Nobu | 2006年9月 3日 (日) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護用設備:

« 我が家のリフォーム | トップページ | 設計士は先生か »