« 腹がたった・・・ | トップページ | 本当か? »

こんな感じでの打ち合わせ

去年リフォームした床屋さんで作成したパースです。私は図面とパースを使い打ち合わせを行います。

Photo_3 ちょっと小さいので解りにくいと思いますがこんな感じでパースを作成しました。床屋さんの散髪用器具(椅子など)は複雑なので省略・・・(専用CADなら其処まで表現出来ると思いますが・・・場合によっては其処は手書きに・・・)

Photo_4 そしてリフォーム後の写真・・・どうでしょうか感じはつかめますか?

ちなみにこの物件のポイントはオレンジ色の壁です。実は壁の向こうにも客席(女性専用スペース)があるのです。この写真ではガラスブロックの色がハッキリしていませんが奥のスペースから見るとガラスブロックの色がよ~く解ります。。。

ちなみに過去の記事で紹介した床屋さんがこの物件です

|

« 腹がたった・・・ | トップページ | 本当か? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

あ、これが「入り口の段差」の床屋さんですか?
ブログ内リンクが貼ってあれば確認できたのですが…残念。
睡眠不足なので、今日は取り合えず失礼いたします。

投稿: 大工 | 2006年6月21日 (水) 22時24分

大工さん,こんにちは。
お察しの通りです。記事のリンク貼り付けておきました!
段差が出来る部分の図面(パース)表記を変えてあるの…解ります?

投稿: Nobu | 2006年6月22日 (木) 14時28分

ありがとうございます!
ホウホウ、ここだったわけですね。

あ、また自慢してる…クククッ。
でも、たしかにノッペリした印象になるところに、いいアクセントになっていますね。

パース。
あるのと無いのじゃ、理解が雲泥の差ですね。
パースと実際の完成写真、
たしかに形は同じようなんですが、
パースは狭く感じられますね。
見るアングルのせいでしょうか?

ま、平面図は広く見えちゃうんですけど…。

私も、自宅を建てるとき、
嫁に、パースを描いてみせたんですが…
紙で模型も作ったんですが…
「わかんない」
・・・
そんな施主は放っておきました。ハハハ。

でも、そうやって施工後をイメージしてもらうと、
「こんなはずじゃ…」ということが少なくなるし、
お客さんには親切ですね。

投稿: 大工 | 2006年6月22日 (木) 20時18分

大工さん,こんにちは。
うーん…鋭い指摘…
パースには鳥瞰図やアイソメ図など色々あるのですが正直どちらも実際の空間の大きさに合わなかったのです…(汗
変に広く見えるよりも狭く見えるほうが良いかな…などと考え、空間的イメージをつかんで貰えばと思いながら作成しました。実際はリフォームなので現物で位置関係の確認をしていました。(パースを提出する時『ちょっと狭く見えますが…』と言ったのは笑える事実です)

投稿: Nobu | 2006年6月23日 (金) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな感じでの打ち合わせ:

« 腹がたった・・・ | トップページ | 本当か? »