« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

シックハウス対策

週末に入る新聞の折込広告・・・以前は私自身も広告の企画をしていたので違った目線から折込広告を覗いて見ると・・・HA?・・・WHAT?・・・WHY?・・・と疑問が出てきますが・・・まあどーでも良い事でしょう・・・見る人の興味をひけば・・・と・・・思いながら・・・

そんな中『当社は新建材は使いません!全て無垢材!シックハウス対策は万全!』と謳い文句をかがげる折込広告があった。私は以前からアトピーに悩む方々の家を建てたりホルムなど科学物質の調査員のお宅を建てたおかげで色々勉強しました。そこで解った事は・・・

『認定材(F☆☆☆☆)ばかりを見ていては解決にはならない』

というものだった。。。

これだけ読めばやっぱ『無垢材よね。。。』と無垢材神話に溺れている方々は思うだろうがこれは間違い!

いや間違いと言うのも誤解を招く・・・のでご説明しよう。。。

なぜアトピーが出るのか!

其処を突き止めなければ問題は解決しないのです。原因は人それぞれに違います。新建材などから出る化学物質が原因の方は実は割合的には少ないと言われています。現実に私のお客様の全ての方々のアトピーの原因はハウスダストやカビなどの細菌だったのです。つまり使用材料が直接の原因ではなく生活環境が原因だったと言えるのです。これは新築の家を無垢の住宅にしても新建材の家にしてもそれほど大差ないのです。

ハウスダストやカビ・・・

ハウスダストは何か・・・当然埃やダニなどです。少しの掃除を怠る・・・それが一つの原因でもあります。そしてカビ・・・私はアトピーのお子さんをお持ちの方に決まって聞く事があります。それは・・・『壁のクロスははがれてませんか?はがれたところは黒くなってませんか?結露は?』それだけです。そして決まって同じ答えが返ってきます。

想像できますよね。。。

新建材と無垢材・・・

健康のために無垢材を使用する・・・そんな無垢材神話が世の中を謳歌しています。しかし無垢といえども色々あります。どんな無垢材が良いのか・・・なやんだ事ありますか?よ~く考えてください。無垢材の中にも防虫効果のある材がある事を・・・よく使われる材の中にはいわゆる新建材のF☆☆☆☆よりも毒性の強い材もあるのです。

だからと言って無垢はいけないといっているのではないのです。私が言いたいのは・・・

『病院で原因をつきとめてからどんな家が良いのか考えてほしい』

ということなのです。。。

そして結露対策が出来ている家を選び掃除のしやすい家にする事が大切だと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どないおもっとるんや

耐震偽造に携わった方々やある意味とばっちりをくらった人達が捕まりました。(どんな事でも違法行為ですから仕方がないのですよね)

罪状については『誰でもやっている事』だろうとは思いますが・・・(誰にでも言える事ですが罪の意識がない事がいけません・・・談合とか・・・ねぇそう思いませんこと?)

耐震偽造で被害を受けた一般の方々は少なくとも今現在は経済的負担を強いられているのは事実です。しかしながら心無い評論・・・いや批判を聞いたり読んだりすると複雑な気持ちにもなる。(その人の立場(経済・家族構成・境遇などなど)になった時その物件に出会ったとしたなら自分は買わなかったか・・・と言えば・・・買ったかもしれないと思うのです←当然私が建築に対し素人だったとしてですがね。。。)

あるテレビ番組で元東京支店長さんの『社長に申し訳ない』とのコメントに『未だに目線が会社に向いていて社会に向いていないのが・・・』とコメンテーターさんが話していた時そうだなぁ・・・と思いその反面『建築業界がおかしい』とのコメントには『業界ではなく社会全体だよ』とテレビの前で一人つっこみを入れている私です

他人事の様に見ている方は多いと思いますが“貴方の家”にも多かれ少なかれ似たケースはあるのです。ただ気がつかないだけです。(チクリと毒

ただ私がこんな苦言を吐いていても誰もこんなブログ読まないだろうと思いますよね。皆さんは衣装的に出サインされた家のHPやブログがお好きそうですからね。。。

な~んて言ってみたりして・・・(笑

では皆さんよいGWをお過ごしくださいね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お施主様の共通の悩み

住宅併用の美容室や理容室のお客様が増えているせいか皆さん共通の悩みを持っているようです。

それは・・・

店舗ゆえに住居が丸見え・・・

店舗だから生活感は出したくない・・・

という周りからの視線が気になるそうです。

おしゃれな外観にして周りからもよく見えるようにと計画をされるのですがそれが仇になり住居部分までもが周りから見えてしまう・・・敷地条件や店舗併用住宅だから仕方がないと思ってはいてもやはり住居部分は見えないように・・・と考えるそうです。(特に自分達の洗濯物はお客様から見えてはいけないと)

それから休みの日はゆっくりとしたいそうです。。。しかし平日が定休日のためどうしても休みを忘れて来店する方も多いらしくそんな時店舗とつながっているとプライベートタイムが覗かれてしまうと言われます。その為にも外部から出来るだけ遮断された住居スペースが欲しいと依頼があります。プライベートガーデンが・・・なんて発想も・・・

このような物件はなかなかの難問です。新築なら考えようもありますが既設を触るのです。人の動線を考え何を何処へ配置するか・・・店舗と住居の関係を考慮しながら考えます。そして重要なのは・・・予算との関係です

希望通りの案を作っても予算がオーバーしていればその案は駄案になってしまいます。予算に合うように考えれば当然妥協点も生まれてきます。しかし色々考えるとまるでメビウスの輪の如く考えがぐるぐるめぐりめぐって最終案まで到達しない事もあるのです。何か諦めて・・・と言いうのですがなかなかその判断が難しいのも事実なのです

しかし判断が難しいといい諦めていては何も進みません。判断が出来るように幾つもの引き出しを用意するのが設計者の仕事でもあります。さあ引き出しを増やしに出掛けましょうかね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの愚痴です

午前中机の上に積まれた書類を整理しながら手付かずの物件をこなそうとした時一本の電話が鳴った。。。

『○○さんが床を直して欲しいとか何とか言うから電話してあげてよ』

その電話の主は設備屋さんだった・・・

連絡先を聞き○○さんに電話すると一緒に現場へ行きたいと言われるので午後からと言う事にし再度連絡待ちに・・・その電話を切ってから図面作成を依頼してきた施工業者へ電話すると今から来ると言うので事務仕事をしながら待機する事に。。。そしてAM11時頃打ち合わせが始まる・・・作成した図面を提出して一通り説明をし終わると机の上に新しい図面が・・・

『こんな感じに変えたいけど・・・どうかな?』

いままで書いていた図面の存在が問われ始めた・・・気を取り直して出てきた図面を広げあれこれ打ち合わせを始めると○○さんから電話が・・・

『12時に来てくれないか?』

時計を見ればなんとか行けそうなので了解をして再度打ち合わせをしている所へ別の建築業者さんが見えた・・・

『屋根だけど形を変えたいけどどうしよう・・・(中略この間約5分)・・・じゃあすぐに直してもらえる?』

すぐは無理だと言い明日の朝まで待ってもらうことにして再度打ち合わせに戻ると先ほどの○○さんから電話が・・・

『今何処?会社の外で待ってるから・・・』

時計を見れば11時43分・・・“まだ時間前だよ”・・・と思いながら打ち合わせのまとめをして事務室を出る。。。

現場の調査を行った後で昼食をご馳走になり帰ると14時だった。。。慌てて仕事を行っているとまた電話が鳴る・・・

『すぐ書類を作ってもらいたいけど出来る?』

先輩からだった・・・

『いつまでですか?』

『今週中だけど』

『それは無理です。もう少し時間をいただければ・・・』

『じゃあ先方(設計事務所)に話してみるよ連絡がきたらお願いね』

・・・しばらくして電話がなった・・・あいさつの後

『いつまででしたら出来ますか?』 と本題に・・・

『今週は手も付けられません』

『出来る事はやりますからお願いします』

・・・そして夕方打ち合わせをする事になり先ほど終了・・・

ふぅぅぅぅぅぅぅ・・・

そういえば来週はGWだった・・・また休みがなくなったかもしれない・・・ごめんなさい奥様・・・この場をお借りして謝罪します。。。(本音を言えば僕だって泣きたいのだ

そして先ほどこれを読んだ妻・・・

『ぶぁかやろう~』

・・・と叫んでいた・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金払わなきゃね

新車が来てやく3週間が過ぎました。妻も新車になれてきた頃・・・やたらとアクセルをふかす妻に一言言いたくなりましたが

『うまくなったでしょ!これなら大丈夫だよね!』

と嬉しそうに言うので駄目出しは今度に・・・した。(まあこれも慣れだしね)

伊豆へ向かう途中車屋のオヤジから電話があった

『そろそろお金払ってよ』

と・・・

『請求書まだだけど・・・それに何処に払うのか聞いてないよ』 (前回はディーラーに払ったので)

と・・・返答すると

『うちだよ』

『請求書は?』

『注文書どおり払ってくれれば良いから』と言うので

『いつも通り請求書送ってよ』 と返答すると

『解った。送るよ』と返事が来た

帰宅しFAXを見ると其処には以前貰った注文書が送られてきていた。。。まあ・・・良いのだが・・・まだひとつパーツが付いていないのに・・・ねぇ・・・(一ヶ月点検で付ける事になっている。。。だからこの時払うつもりだったし・・・)

田舎だからだろうか何事もルーズで事が進む。。。そして私が細かいのかそれとも建築業界が細かいのかそれとも・・・もう少し何とかならんのかとも思う。。。ただのんびりした空気の中で生活が送れればそれが一番だと思うしそんなに小姑みたく言わなくても良いとも思う今日この頃・・・(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的は何か

金曜日に高速道路使用で片道5時間半かかる現場へ。。。

朝7時半に家を出て高速に乗るとデジカメを忘れた事に気がついた。しかし高速道路とは不便なもので次の出口まで折り返す事が出来ない・・・結局一時間と忘れ物を取りに帰った高速代金を無駄にしてしまった(汗

今回は基礎工事の配筋検査を行ってきました。ポイントは鉄筋が図面通り入っているか・・・鉄筋の定着は適切か・・・かぶり厚さは適切か・・・などとなる。。。

そして今回は法規的に他の確認も・・・すると・・・建物の位置がずれている・・・実際敷地図面と実際の敷地形状(寸法的にだが)が若干違っている事もある。このような場合優先される敷地からの距離から割り出すのだが其処が違う(打ち合わせの時念を押したが御施主様と相談して少し変わったと・・・おいおい)・・・今回は採光検討が確認申請時にも指摘されていた。その場で再計算・・・なんとか大丈夫そうだと思い担当者へ外部建具のサイズ指示を再度行なった・・・(冷汗

御施主様からも色々変えたいと話が出てくるようで・・・(書類の変更だけで済めば良いのだが・・・)さて次回は建て方の検査を行なう予定だが・・・

話は変わり・・・

Dsc04988 当日は快晴でなんと富士山がよ~く見えた。徐々に近づく富士・・・途中高速道路から見えたその山は・・・大きな山だった・・・(こんなに大きかったか・・・と今更ながら一人で感動する・・・)

Dsc05011

それは帰りの高速でも続いた。。。撮れるかな・・・と思いつつデジカメを取り出し一枚・・・それが二枚目の写真。。。

帰り道色々な所で写真を撮って帰りました。現場を出たのが4時頃だったのでまだ周囲は十分明るかったのが幸いした。(ほっ

途中で去年家を建てたお客様から電話が。。。『今何処?』の問いに『伊豆半島』と答えると『この間言ってた所だね』と言いながら笑われた・・・結局家に着いたのは午後9時半お土産のお茶を家内に・・・さて今度は何を買ってこようかな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガス抜き…サービス…神頼み…

今日は天気も悪かろうと一日家に・・・と思いきや天気が良くなったので急遽お出かけする事に・・・

目的は親へのサービスと商売繁盛の神頼みと・・・私のガス抜き・・・

行き先は豊川稲荷と決め早めの昼食をとり両親を新車に乗せて

いざ豊川!!

道中上機嫌の両親。。。高速道路のパーキングでは身体障害者用駐車場に止め昇降機を動かせば注目の的!!・・・身障者用駐車場に止まっていた身体良好車の若いカップルにわざと見せ付ける・・・

そして数時間後豊川稲荷に到着。。。

Photo いつみても立派な造りの建物だと思う・・・そして複雑な屋根の形に瓦の葺き方を見たりする・・・Photo_2 どーなってんだ?あそこは・・・

そして境内には花が咲いており父はその花を見ては

『おおおおおぉぉぉぉぉ~~』

と素直に歓声をあげ始める

昨年は足の運びが悪くお参りするところまで上がれなかった父は今日は上まで行くと言いだした。家族で父を囲みながらゆっくりとだったが階段と言うよりも坂を昇って行った。そして皆でお参りが出来た。。。

両親がベンチで休む間私達はおみくじを引いたり他の神々に参ってきた。。。一番大切な事は“家内安全”らしい・・・おみくじに書いてあった事・・・やまない雨はない・・・そんなような事が書いてあった・・・(表現は変えてあります)

去年の御礼をしてからいつものお土産を買い帰宅する。。。さすがに父も疲れたか最後までは歩けなかったようで・・・それでも去年よりも距離は伸びた!来年は・・・駐車場まで・・・いけるかな・・・

新車の軽で始めての遠出だった。恥ずかしながら始めて知ったが身障者手帳に記載されている車以外では高速道路の割引は受けれないとの事だった・・・しらなかった・・・何でも良いとは言えないらしい・・・予定外の出費・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガス欠状態

仕事の山がようやく過ぎ去ったのですが・・・気分的にすっきりすると思いきやまだまだ細かい事が決まっていないものも多くなにやら今日の空模様と同じ気分。。。

仕事もまだ残っていながら期日がハッキリしていない事もありPCの前に座りながらもなかなかはかどらない・・・気がつけばPCの画面が違っている始末。。。仕事のやる気も・・・こりゃガス欠か・・・と思いつつブログのタイトルが決まる今日。

ここ数ヶ月現場以外はPCの前だった・・・食事を終え休むまもなくすぐPCの前に座る癖がついてしまった・・・この週末ぐらいゆっくりとと思いながらもなぜか落ち着かない。。。無理にでも仕事から離れようと思い出掛けようと思いながら空模様をみればその場で取りやめ・・・

だめだこりゃ。。。

また電話が鳴ってすぐに・・・なんて事があるかもしれないからと少しずつ図面を作成し始める・・・ほんとに少しずつ。。。

やはりスリルもないサボりなんて張りもない。昼寝にも力が入らない・・・

設計事務所で働いていた時は先輩に付き合わされてよくさぼっていたっけ・・・そんな事を思い出す。。。

車の中の昼寝・・・

先々週だったか仕事の予定時間まで時間があったので車を止め寝ていました。風邪をひいていて体調も悪かった頃車内の窮屈さなんてもろともせずすぐに眠りに入りしばらくすると自分の寝言で目が覚めた・・・これまた疲れているのが解る寝言・・・車の窓が少し開いていて隣の車の人(この車も窓が開いていて車人もおさぼり中・・・)に聞かれたかと思いながらもまた二度寝。。。

完全なる(?)独り言・・・

今日は夕方過ぎに預けた資料を返しにくる人がいる。ベットで寝たいが寝癖が付くのが嫌で寝れない・・・なんて間が悪いんだ・・・その人はいつもそうだと思いつつ時間を潰す私。。。これは独り言・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

脳みそふる回転・・・?

今日は長~い間お待たせしていた改装工事計画中の方のお宅へ打ち合わせに行ってきました。。。

プランは事前に提出してあったので今回は見積書を。。。正直金額にビックリ・・・(私もビックリ・・・工事金額の感覚がずれていたか・・・)ただ費用として目安にはなるので予算に合うようにその場で色々検討を始めました。。。

『これを無くせば・・・』←お客様

『いやいやそれをしちゃうとここに問題が・・・』←私

『ここは物置で・・・あ!ここは必要ですよね!』

『いや・・・そこは無理です・・・申し訳ないのですがそれは二者択一ですよ』

そんなんで打ち合わせが進み・・・

『こんな感じで再度プラン作成しますね。。。ここは残念ながら無理になりましたが良いですね。。。』

『え!無理ですか?』

『だって此処にこれがくるとそれは無理ですよ。。。』

『あ・・・そっか・・・気がつかなかった・・・え~~~・・・難しい・・・』

と他の人が読んでも解らないであろう会話が続き・・・気がつけば3時間が過ぎていた・・・まあ打ち合わせはそんなもんだが・・・

昨日も大した仕事ではないが新規の仕事が入ってきた・・・建築会社のショールーム計画との事・・・いろいろ話しながら最後に言われた言葉・・・ぁぁぁぁ・・・また悩みが増えた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化について行けてるか

年々変わっていく建築基準法。。。木造住宅と言えども法に合わない建物は違法となる。

自らの考えに基づいて構造計算された建物・・・基準の構造計算通りに計算されていない建物は偽造物件となり当然のように問題になる。これは古の工法にて建てられた木造住宅でも法律通りに補強金物を入れていないのと同じだと思う。

『昔ながらの工法や考えで造っている。当然ほこりを持って造っている。基準法がどうとかは・・・』

今日も聞いた言葉・・・施工主の考えを・・・その言葉を・・・施主は知っているのかが疑問になる。それで良いのかと問いたくなるが・・・話してみれば結局は年々変化する基準法についていってない事が窺える。法律的にも見えない部分はほとんどノーチェックで進んでいく・・・それで良いのかとも全てに対して言いたくなる。

設計なんて絵を描いているだけの事という思いが施工サイドには根強くある。絵なら何でも描けるなんて思いがいつの間にか設計者の言葉を遠ざけ始め新しい知識を伝えようとすれば講釈ばかり言いやがってと毛嫌いし始める。

それが現実。。。

そしてその講釈に対して屁理屈を並べている事に気がつかない施工サイド。。。そして仕事を持っている人が偉く正しいという考え。正しいかどうかは貴方ではなくユーザーである事・・・それも忘れているようで・・・

だからといってユーザーに其処まで確認させるのも無理がある。信じて頼んだ家もそれでは・・・知らぬが仏か・・・確かに現実的にどうなるかと考えれば欠陥にはならないのかも知れないが・・・膨らむ納得できない思い

とは言いながら知識のない設計士もいるのが現実だったりする。間違った知識を披露する設計士もいたりする・・・もしかすると真面目に考えすぎる私が馬鹿なのかもしれない。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の福祉車両

最近になり日産自動車が各都道府県に一店舗,福祉車両の展示をすると聞きました。買う前に手軽に確認が出来るのは買う側として嬉しい事ですよね。今後需要も増えればもう少し手軽に買える様になるんではないかと思いつつ・・・

ここで我が家の福祉車両紹介を・・・軽クラスではどんなものか・・・です。

Photo_1 ←は後ろのドアを開いて椅子を回したところです

実際ひざが車に当たらないかが心配でした。ひざが曲がりにくい方はこの時点で注意が必要です。ただ付き添いさんが付けばそれほど問題にはならないでしょうが。。。

Photo_5 ←これが椅子が降りきった所です。フットスペースを格納している状態ですが実際はフットスペースを出します。一回の動作で約30秒ほど時間がかかります。ちょっと雨の日が心配。。。

動かしてみて思った事は椅子を格納する時どうしてもマットに椅子が引っ掛かってしまうところです。そこが少し気になるところ・・・それから長距離を考慮に入れて考えるとやはりシートもゆったりとした車が良いと思いました。(普通車の3列目シートのような感じかな・・・)ただ車椅子で乗り込むタイプよりは良かったかも・・・まあこの辺りは介護者の症状にもよるのでしょうけどね。。。でも軽の1BOXは後部座席が広~い!これは想像以上です。

ただこの車・・・やっぱりトラックだな・・・他社と並べて今更ながらに思いました・・・でも妻が歩道から車を車道に落とした時足周りの出来のよさに少し惚れ惚れ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独立事務所

4月に入り新入社員さんの姿を見かけるようになりました。ラジオから流れた新入社員さんのインタビューで自らを『新入生』と言ってしまうところはまだまだ初々しいと言えますが数ヵ月後に同じような事を言ってると・・・『いつまでも学生気分では・・・』と嫌味を言われるのでご注意を。。。

設計事務所に新しく入った方々はどれ位みえるのでしょうか?一言で設計事務所と言いますが100あれば100の色を持つのが設計事務所です。大きな建築物の設計を一から十までこなす事務所もあれば住宅専門の設計事務所もあり、はたまた店舗専門の設計事務所もある。そして何でも屋もあったり設計コンペ常連事務所だってあるのです。修行を始めた設計事務所の色が今後の自分のスタイルにもなると言っても良いほどです。特に将来独立を考え設計事務所に入った方は将来までもが左右されるのです。最初の数年は設計を覚えていかなくてはなりませんがその後は如何にして自分を売り込むのか・・・そこも重要になります。どんなに良い設計が出来ても誰も知らないと現実として仕事の依頼は来ないのですから・・・

私が設計事務所を開設して最初に悩んだのは其処なのです。如何にして自らの情報を発信するか・・・でした。ただ自分にとって負となる仕事は請けたくない。そんな思いから工務店などへの開設の案内や営業は避けました。ただどうやって仕事を・・・と考えてもすぐには答えは出ないものなのです。 『一年は準備期間として必要』 そんな先輩の言葉が身にしみました。。。それでも生活はしなくてはならないし・・・

先日付き合いのある社長さんから不動産屋さんまで打ち合わせに行って欲しいと頼まれました。この忙しい時に・・・と思いながら行けば私の顔を見た瞬間に“誰?”の表情“こんな若造に・・・”という疑いの顔と顔と顔・・・年よりもさらに若く見られる私はこの疑いの顔に正直慣れっこになっています。御施主様の前で始まる尋問のような私への質問『どんな仕事をしてますか?』『この様な物件は経験あるのですか?』との問いに経験を踏まえた受け答え・・・まあ無難な答えといえばそれまでだが・・・

先日三年前に家を建てたお客様の所へ伺う機会がありました。 『思いが適い良い出来栄えです』 と嬉しい言葉を頂くのが嬉しい。しかし独立してから本格的に手掛ける新築物件がない事に気がつく私・・・少しベクトルを修正しなくてはならないのかと考えつつも焦ることも止めにしようとも考える。

しかし今一番重要なのは・・・

とりあえず目の前の物件を片付けないと・・・いけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼやきが始まった・・・

風邪をひき周りに当たりながら少し大きな山を越せそうになり始めたが・・・その先には新たな山が・・・

しかし新しい山の向こうは何があるのか想像がつかない現実。底なしの谷かもしれないし・・・はたまた更なる山かもしれない・・・

今日は一時期独立を経験した先輩と話す機会があった。先が見えず無理にでも仕事を請けることになる現実に嫌気をさしたと今になり話がでる・・・体を壊す前に固定給の職種へと変わったと・・・恐らく無理に仕事を出す方にもなりたくなかったという感じ・・・事務所を閉める時彼は仕事ではなく子供を選んだ。日曜日もない仕事より休みの日は子供と遊びたいという思い。その時もその話を聞いた。。。

ここ数日なぜか体を壊してまで働く自分に腹が立った。風邪をひき熱も出ているのにも関わらず・・・この仕事を依頼してきた人は今遊んでいると思うだけでも腹が立つ。勝手に期日を決めるなら私の生活の面倒も見て欲しい(固定給のこと)私は便利屋ではない・・・などど独り言が止まらない日々だった。。。

悪循環は続く・・・依頼された仕事はこなしてながら直接ユーザーさんから頼まれた仕事が進まない・・・早くしなくては・・・と思えば思うほど焦りだすのが現実で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福祉車両が来たぞ

先週の月曜日でした。お昼御飯を食べている時に携帯へ連絡が・・・

『車来ました。今日納車します』

いきなり今から?・・・と思いながらもすったもんだした結果取りに行く事になりました。妻曰く

『いきなりは乗りたくない』

というので運転手として・・・取りに行く事に・・・

仕事先へはそのまま新車で移動する事になり行く先々でリフトの披露会が・・・すぐ幾らした?との質問が出てくる・・・今ある車を改造する位なら新車のほうがいろんな意味で良いですよと・・・ようやく帰宅した時は辺りはすでに暗くなっていた

家に帰ると父が待っていて乗せろと言わんばかり・・・乗せた後少しだけ近所を周り・・・

はいおしまい

次の日通院があり父はこの車で・・・と考えていたらしく私がいつもどおりの車を用意すると残念そうに車を眺めていた・・・

今日は父を新車に乗せて・・・と思っていたが生憎の雨なので中止することに。私にとっては恵みの雨かもしれない・・・

だって忙しい・・・しかも・・・風邪をひいてしまった・・・あ~ぁ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »