« いろいろ・・・ | トップページ | 構造計画 »

家族

昨日は伊豆半島まで仕事で出かけた私です。

片道5時間半ほどかかりながらようやく到着・・・現地調査を済ませて帰宅・・・ガソリンランプに冷や汗を・・・

現地では梅の花が満開でした。確かに梅でした・・・何本もの梅の木々を見てつい胸が詰まってしまいました。

前回の記事で家族という事を書きましたが結婚すると家族が増えます。私は二人兄弟の弟、妻は三人兄弟の一番上(女、女、男)私には姉が出来妹や弟が出来、妻には兄や姉が出来徐々に家族が増えていく。姪や甥が生まれまた家族が増える。。。家族ってすごい

それで梅の花を見て思い出したのは桜の花です。もう4年も前になるのでしょうか私は実家で療養中の妻に仕事先で携帯で桜の花々を撮りメールを送りました。毎年花見に行く私達でその年も行く予定したが家から出れなくなった妻へ少しでも気がまぎれるようにと送りました。本当に綺麗な桜の花でした。これほど美しく思える桜は今までに無いと言えるほど美しく綺麗だったのです。そして妻にも見せたい・・・と・・・

桜を見て思い出す・・・

それは会社で夕方から会議がある日でした。私の携帯へ一通のメールが届きました。内容は駄目だったという事・・・流産です。その日の私のスケジュールは会議の後で懇談会だったのですが会議だけ出席して妻の元(実家)へ行きました。実家に着くと義父や義母が慌しくなにやら出かける準備をしていました。。。妻の妹が緊急でお腹から赤ちゃんを取り出すことになったと言うのです。妹も危険な状態だと・・・姉妹そろって同じ日に・・・(双子じゃないのに・・・)義父と義母を送り出し私達は二人で実家にいました。自分達のショックなど何処かへ行ってしまいただ心配をしていました。そして数時間後・・・無事に産まれた。妹も無事だという連絡に・・・安堵と共に自分達の不運が重く覆いかぶさってきました。

『僕達の子供が○○ちゃんを助けたんだよ・・・』

勝手な思いですがそう考えなければどうにかなりそうでした

しかしいつまでも落ち込んでもいられません。一番辛いのは妻なのです。肉体的にも・・・それを助けるのが家族なのです。私も家族の一員なのです。家族が支えあわなければいけないのです。家族とはそういうものだと思うのです

|

« いろいろ・・・ | トップページ | 構造計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118060/8982770

この記事へのトラックバック一覧です: 家族:

« いろいろ・・・ | トップページ | 構造計画 »