« 福祉車両はいつくるの? | トップページ | 設計とは設計士とは・・・ »

第三者検査機構

契約を済ませていざ着工・・・となると今まで疑問に思わなかった事が疑問に思えてくる事が多いのもです。さらにTVの報道等が疑問を不安に変えさせてしまう・・・自分の家は大丈夫だろうか・・・そう思い自分の目で現場を見ても・・・解らない・・・そうなると出口の無い迷路に嵌ってしまいます。その為にも良きパートナーを見付けて貰いたいのですが・・・それはなかなか難しいのかも・・・しれません・・・今の時代は。。。

家の計画中やCMなどで第三者検査機構の事を聞くかもしれません。これは民間検査会社の事で保証会社の事です。これは耐震事件等により報道で出てきた民間確認検査会社とは違います。民間確認検査会社とは建築基準法に基き検査をします。マンションクラスは割と細かく確認しますが住宅クラスではテレビで出てくる欠陥住宅のような欠陥の要因までは確認しません。よく『確認申請が通ってて検査もしているのに家が傾いた・・・』と聞きますが其処まで検査はしていないのです。そしてしなくても良いのです。

ではどうしたら良いか・・・安心できるかです。そこをカバーするのが第三者検査機構なのです。一言で言うと保証会社です。簡単な例をあげれば貴方が生命保険に入るとき健康診断をしませんか?それと同じなのです。貴方が家で保険が保証なのです。保証会社ですからどんな家でも保証する訳にはいかないのです。当然健康な家を保証するのです。検査は健康な家が出来ていくかを各工程で検査をします。そして完成後に保証するのが第三者検査機構なのです。

第三者検査機構は沢山あります。ここではあえて御紹介は致しませんので自分でお調べください。。。保証内容もそれぞれ違いますから・・・そして検査内容も・・・私からは何処が良いとは一概に言えません。

不安から来るクレームは正しいものも間違いに見せてしまいます。『ここは大丈夫?あれは良いの?』・・・と疑心暗鬼に陥る前に検査を受けておけば少しは安心できると思うのです。しっかりした設計事務所の設計監理であればまだ良いのですが施行店と御施主様が一対一で造り始めるとどうしても疑問や不安が解消される事は難しくなります。これらの検査は当然有料で余分なお金と思われがちですが良く考えてみるのも良いと思うのです。

|

« 福祉車両はいつくるの? | トップページ | 設計とは設計士とは・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

Nobuさん、こんばんは。

札幌でも耐震偽装問題が出て疑問が不安に変わりつつあるKUMaです。

日本人は、なかなか目に見えにくい部分にお金を払うということに抵抗感を感じますね。とは言え、お墨付きが欲しいのも事実、難しいですね。

投稿: KUMa | 2006年3月13日 (月) 00時04分

お墨付きは誰でも欲しいですよね。
・・・というよりお墨付きがあるのが当たり前だったはずです。
何か不安な事があれば言ってください。解る範囲内ならお答えできますよ。

投稿: Nobu | 2006年3月13日 (月) 22時44分

ありがとうございます。

投稿: KUMa | 2006年3月14日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三者検査機構:

« 福祉車両はいつくるの? | トップページ | 設計とは設計士とは・・・ »