« 片付け上手は仕事上手? | トップページ | 考えてみた »

表面ではなく中身を見てほしい

ローコストについて・・・

ローコストを目指すメーカーや工務店は実際多いです。『ローコストほなゃらら研究所』というありもしない研究所を広告に記載しユーザーに対しアピールをする企業も存在するほどで・・・(全てではないでしょうが)・・・ローコスト住宅を建築する工務店は当然コストを下げる努力をする。社外的お金の流れとして,物理的材料を減らす事もある・・・下請業者に対し安価な発注をする事もある・・・そして社内的には経費を減らす・・・などがある。

社内的経費の削減・・・

社内的経費に入るものに『通信費』『交通費』『人件費』などがある。。。現場に監督員が行くにはこの交通費を使う事になる。この経費を減らすには現場へ担当者を行かせない事が重要になる。工事をシステム化(規格化)することがこの経費を減らす事につながるがオーダーメードに近い住宅はなかなか難しいものがある。現場監督が来ない建築現場を想像して欲しい。。。電話連絡だけで大工さんが造作を進めていく。貴方の家の細部を知らない担当者・・・大工さんがもし金具など取付を誤解していたとしたらどうなるか・・・それだけでも怖くなる。。。現場員の給料が『人件費』である。建築業界は○○外○○というものがない。○日○○もない。そして一人の現場監督に一度に担当させる物件数が多かったりする。完全にシステム化されている建物なら良しとしても・・・そして怖いのは安く雇った現場監督に現場を任せる事・・・『安い監督=経験・知識が乏しい』・・・という事になりかねない。そうあの住宅のようになりかねない。

ローコスト住宅にはわけが必ずある。仕組みがある。。。仕組みも無しにローコスト住宅を建てる工務店は欠陥住宅を造る前に会社が潰れる。本当に良い家が欲しいなら,潰れない会社で建てる事も重要。デザインばかりに拘るのではなく見えない部分にも拘る事も重要。そして人(パートナー)にも拘る事。それが重要。。。

細○○子さんが言った言葉について・・・

私は彼女が嫌いではない。ただ先日ある番組で欠陥住宅について大手で建てれば大丈夫とのコメントがあった。大手なら社会的に責任感も強く欠陥なんか造れないと言った。言葉を裏返せば中小企業は危ないと・・・しかし偽造問題に関与しているのは大手HMではないが社会的に信用されていた企業(ゼネコン)ではないだろうか?そして本まで出している。それだけでも信用する人はいると思うし社会的責任感もあるように思える。私はあれだけの人であるからもう少し言葉には注意してもらいたい。私みたいな虫けらなら社会的影響は少ないだろうけど・・・彼女は・・・ねぇ・・・

|

« 片付け上手は仕事上手? | トップページ | 考えてみた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表面ではなく中身を見てほしい:

« 片付け上手は仕事上手? | トップページ | 考えてみた »