« 家について考えよう⑰ | トップページ | 家について考えよう⑲ »

家について考えよう⑱

今回はインテリアについて・・・です。

その前に・・・改装工事で打合せした事が職人さん達に伝わっていない!!!寸法も間違っている!!!・・・一番こだわった部分がこれでは・・・がっくり・・・さて気を取り直して本題に。。。

インテリアと言っても建築の室内・・・だから天井や壁・床の選定ついてです。

壁紙を選定するとき『せっかくだから面白い壁が良いよね・・・』という方がみえますがその考えに対し私は好きではない・・・いわゆる内装材は絵で例えれば背景だと思う。背景が個性的だとその絵はどうなるか・・・ピカソ?・・・そう考えれば良いかも・・・・・・・ってそんなわきゃない!・・・ゆったりと出来る部屋が欲しいでしょ。。。毎日にぎやかな部屋では疲れちゃう・・・まぁ・・・家具も無いソファーと小さなテーブルだけの部屋ならそれでも良いでしょうが・・・。壁画を思い出して・・・

部屋の主役は家具達・・・

部屋のイメージを作るのは家具だと思うのです。建築はインテリアデザインに対し脇役であるべきと思います。私は日々変わるLifeに対応出来る部屋を創りたいと思うのです。その点でデザイン住宅のインテリアデザインは・・・住み人のLifeを逆に創ってしまう。その部屋に合う家具も決まってしまう。そもそも建築デザイナーが『私の作品』とコメントする事に異議を感じる私です。『私の・・・』の『の』が気に入らない。。。お客様に対し高いお金を払わさせて自分の作品に住まわせているようなこの言葉が嫌い。その割には技術的知識が乏しい・・・乏しいのに他人の助言は聞かない・・・以前も階段の手摺の隙間が広く子供が落ちるのではないかと助言したが『これがデザインです。』と言わんばかり・・・

良い家とは住み人が全ての事に対し安心して住める家の事だと思う。

おっと・・・だいぶ話が脱線してる・・・まあ建築におけるインテリアの基本は・・・シンプルなデザインに・・・です。アイテムも適材適所が一番です。・・・けっして化粧梁や勾配天井,腰板,珪藻土の壁が駄目って事じゃないですよ。それらアイテムが強調しすぎないようにするのがやすらぎの部屋への近道と思うのです。そして自分の部屋のイメージを強調するのは家具達です。何事もメリハリが大切だと思うのです。

天井・壁・床の色・・・

天井は白っぽい色が良いと思います。それは光を反射して明るい部屋が出来るからです。黒の天井って圧迫感があって暗い感じがあるでしょ?だからです。天井⇒壁⇒床の順番に色を濃くするのが基本です。。。ただ広いリビングでダーク系の天井を使い重厚感を出す方法もあるのでそれが全てという訳ではないでしょうが・・・

では次回は・・・建築コストについてです。。。

|

« 家について考えよう⑰ | トップページ | 家について考えよう⑲ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家について考えよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家について考えよう⑱:

« 家について考えよう⑰ | トップページ | 家について考えよう⑲ »