« 家を建てるには土地が・・・ | トップページ | 偽造 »

土地売買でのクレーム

土地売買時のクレームです。

登場人物・・・土地購入者Aさん夫妻。土地仲介者Bさん。私の知人(不動産に詳しい)Cさん。そして私。。。

Aさん夫妻はBさんが仲介する土地を買おうとしました。新規のお客に喜んだBさんはAさん夫妻に希望する土地がお値打ちである事を何度もアピールしたそうです。土地費用に上下水道の負担金から造成工事の費用・・・etcまで含まれていると聞きAさん夫妻はこの物件に飛びついたそうです。。。しかし日が経つと当初の条件が変わってきました。Aさん夫妻は不信に思いながら話を進めて行ったそうです。しかしとうとう販売価格まで変わってきた時点でAさん夫妻はBさんに問いただしたそうです。始めの話と違うと・・・Bさんは『売主さんの要望もあるから仕方がない』と言ってきたそうです。その時私はAさん夫妻と家のプラン作りについて話をしていまいた。Aさん夫妻は自分達だけでは不安だと言う事で私はCさんと土地売買の打ち合わせに同席するようになりました。当然こちらからの要望をBさんに伝え幾つか売主さんにも妥協してもらいAさん夫妻にも幾つか妥協してもらう結果で契約となりました。当然この時の取り決め事項は契約書に記載しBさんには別紙にて覚書を書いていただきました。追記しますが私とCさんはこの業務についてボランティアでした。。。

その後に・・・

土地契約・引渡しが済み建物契約が行なわれ工事着工となりました。。。ある日Aさん(旦那様)が『外構工事の一部(実際には明確に部位指定されていました)をBさんが行なってくれると以前言っていたが一度聞いてもらえないか』と私に言ってきました。普通は考えられない条件でしたがBさんに聞くと予想通り『そんな話は知らない』と返事がありました。・・・もう解りますよね。ここでまた言った言わないのクレーム話です。私も契約前に聞いていれば良かったのですがこの時点で初耳でした。話し合いの場が再び設けられその場でもお互いが一歩も引かない状況になりました。Aさん(奥様)もBさんが言った事を覚えていると話し出し等々Bさんは開き直りだしました。『私が言ったと言えば良いのだろ!言った事にすれば良いじゃないか!』・・・です。この時は私もCさんも中立の立場でしたがこの言葉につい『じゃぁ・・・工事するの?』の問いにBさんは黙ってしまいました。。。解決の糸口が見えないままでしたので私はBさんにAさん夫妻に誤解を招くような言動があったのではないか思い出して欲しい。Aさん夫妻ももう一度打ち合わせ記録がないか証拠を探し出してほしいと頼みこの場を治めました。

不可解・不快な文章・・・

数ヶ月が経ってからBさんに連絡すると一通の文章が届きました。その内容は・・・Aさん夫妻に外構工事の一部を行なうと言ったことはない。Aさん夫妻の思い違いだろう。。。と記載されていました。私の要求した内容は一言も書かれていませんでした。。。これでは駄目だと再度要求すると数週間後に・・・建物計画において建築費用以外に土地購入時にかかる諸経費の話が出ていない事が問題と思う。私の知り合いの工務店は諸経費まで含めて話しているのでこの様なクレーム話は一切出ない。設計担当者の不手際と考える・・・という内容でした。

この内容にCさんも呆れ私はAさんとの打ち合わせ内容(日付入り)で用意しました。当然土地売買の打ち合わせ内容も含まれています。実は実際の図面作成は土地契約後に行っているのです。私が本腰を据えて建物の話をしている時には土地購入の諸経費用は終っている話なのです。それに土地契約前の揉め事の原因の一つがこの諸経費用だったはずです。いつの間にか私の責任になっている・・・それに外構工事の件については何もふれていない・・・

泣き寝入りか・・・

Aさん夫妻は土地の打ち合わせ資料を探しましたが何も出てきませんでした。結局証拠がない。Bさんは工事はやらないと言っている状況・・・土地売買契約前にAさん夫妻が私かCさんに話してくれれば・・・と思いましたがすでに手の打ちようがない状況・・・Aさん夫妻も諦めモードに入ってしまいました。Cさんもこれ以上はと手を引き始める始末。。。(色々聞いてみたが無理そうだとのことで・・・)結局泣き寝入りのような感じで・・・

皆さんも契約事では言った言わないとならないように文章にして後々揉めない様にしましょうね。

|

« 家を建てるには土地が・・・ | トップページ | 偽造 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地売買でのクレーム:

« 家を建てるには土地が・・・ | トップページ | 偽造 »