« 今日は日曜日なので・・・ | トップページ | 家について考えよう⑪ »

家について考えよう⑩

記念すべき10回目をむかえました。パチパチ・・・

さて今回は若さんのリクエストにお答えして『照明』です。

デザイン住宅の照明・・・

現場監督としてデザイン住宅を施行した経験があるんですがこの時の照明の数は半端じゃなかった。収納という収納の下部を空けその空間に間接照明・・・廊下などの壁を天井との間に空間(欄間みたいなデザイン)を作りその空間に間接照明・・・カーテンBOXの上に間接照明・・・基本天井の高さが低いのでほとんどの部屋がダウンライト照明・・・そしてSWは調光機能付だった。出来栄えはさすがにカッコイイ・・・間接照明で浮かび上がる化粧梁などは感動的だった。。。しかしお施主様の一言で現実に戻された。。。『電気代もったいないから点けないし。まあお披露目の時だけだろうね。。。』・・・きっとそうだろう・・・。

参考にしたい照明・・・

去年後輩の女の子とS水ハウスの分譲住宅を見学した。(なぜか夫婦という設定付きで・・・ちょっと無理があった・・・) この分譲住宅の照明は上記のデザイン住宅と同じ路線だったがまだ実生活向きだった。デザイン的に一度見て貰えると解りやすいでしょう。私も参考にする時がありますから。。。

実際に照明を決める時の話・・・

始めにカタログを用意(今はHPから申込するとカタログが郵送されてきます)してください。そして決める時に考える事は【明るさ】【場所】【予算】から始まります。一度にそれだけ考えるのは無理だ・・・それならベースから作成しましょう。。。

1:ベース作成・・・単純に玄関から一部屋事に照明を決めましょう。カタログを見ると各部屋事に照明が分かれていますからそれを見ながらでOK。明るさはエアコンと一緒で何帖用か確認するだけで結構です。カタログに付箋紙を貼り後で解るようにします。その後でエクセルで表を作りましょう。『何処の部屋に何個,何の器具を選んだか,そして定価も入力してください。』

2:SWの確認・・・ベースが出来たら一度SWを確認してください。ケース1:夜リビングから寝室に行く道中にSWがあることの確認。ケース2:寝室からトイレまでのSWの確認。ケース3:夜誰も居ない家に帰宅した時玄関ホールにSWがある事の確認。の3ケースです。もしSWが無いなら追加です,足らないと不便ですから。。。またこのSWは蛍タイプが良いでしょうね,暗いと位置が解りませんから。。。

3:基本プラン完成・・・これだけで簡単な基本プランが完成です。【場所】【予算】【明るさ】が見えてきたと思います。一番悩むのが廊下でしょう。これで足りるの?と不安になると思います。長い廊下なら大体3m置きに一個配置してください。短い廊下なら一個で十分です。

4:さあじっくり考えよう・・・この次からが重要です。器具ひとつ事に検討します。機能やらデザインやらアレコレ・・・

ここでお薦めポイントです。。。 1:玄関照明は省エネのためにセンサー付にしましょう,着けたまま外出できます。 2:寝室はリモコン付がお薦めです。リビングはリモコンが無くても大丈夫です,ただ予算があればエアコンの為にファン付きがお薦めです。今は軽く薄いタイプがあります。 3:廊下や納戸はダウンライトも良いでしょう。これは好みでOKですけど・・・。あと天井が低い部屋もダウンライトがお薦めです。部屋がすっきりしますからね。 4:お子さんが居る家庭ですが,LDKで本を読んだり宿題をする事もあると思います。奇抜すぎると本が読みにくいなんて事もありますので要注意です。 5:ダウンライトには省エネタイプもありますが短時間の使用なら白熱球の方が明るいのでお薦めです。以前暗いと言われたこともありましたし。。。

5:まとめましょう。それからは・・・決めた器具を1で作成した表に入れ直しましょう。予算的にどうでしょうか?オーバーしてたら4に戻って再検討を始めましょう。余裕があるならそれから器具のグレードUPや間接照明などを検討してください。ただ工事途中だと遅いので現場担当者さんに必ず一言伝える事をお願いします。間接照明はスタンドタイプだって良いのです。貴方の気に入った物を取り入れましょう。好きな絵があればその絵の上に照明を付けても良し。ピクチャー照明だってあります。階段の入口に足元灯を付けるのもお薦め。リビングや寝室に調光SWで光調整のダウンライトなどを設置しても良いでしょう。夜に建物を暗闇に浮かばせる照明を外壁に付けても良し!予算があれば少し遊んでみる事をお薦めします。どうしても予算がないのだけど・・・少し位は・・・と思うのならコンセントを増やしましょう。そう将来スタンド照明が取り付けれますし室内壁であればそこから電源を取ることだって出来ますから。。。

6:プランニングボードの作成・・・決まったら現場担当者さん(若しくは電気業者さん)にお願いしてメーカーでプランニングボードの作成を依頼してください。これがあると現場でのミスもなくなります。

一般的に照明器具の予算はどれぐらいなの?

むかし聞いた話しではメーカー作成のプランは一軒あたり定価で40万~50万と聞きました。でもそれだけ出せば結構良いプランが完成されますから私はもう少し小額で考えても良いと思います。そして実際の金額は定価の何%となっていると思いますが自分でインターネットで購入するとかなり安く納まります。あとはお薦めメーカーですが一般的に“松○”“東○”が良いでしょうね。価格を考えると総理大臣と同じ名前のメーカーもありです。とびきり良いメーカーもありますが・・・そこまでしなくてもと思います。

それでも決めれない方・・・

実際カタログやパースだけでは解り難いのが本当です。内装材によっても変わる気がする・・・と悩む方もいます。電気器具は最後に取り付けですから現場担当者さんにタイムリミットを確認してください。照明器具はほとんど注文から1週間で入りますから逆算して決定する事。。。ど~しても決めれない時はその部屋だけしばらく無し・・・だってできます。(本当にそうする方もいるんです)

重要なのは照明の位置とSWの位置なんです。

さて次回は・・・コンセントの決め方です。。。

|

« 今日は日曜日なので・・・ | トップページ | 家について考えよう⑪ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家について考えよう」カテゴリの記事

コメント

こちらでははじめまして。

トラックバック…よくわからないでトライしてみて、自分の記事と全然上手くリンクできなかったので、こちらでお詫びさせてください(恥)

以前の回の「キッチン他水回り」の記事と今回の照明の記事、とても面白いです。断熱材やサッシ等の部分はなるほど~と思いつつ、まだちょっと実感といいますか具体的にイメージが掴みにくいかも…

ところで輸入建材とかアイテムってどうなんでしょうか?
Nobuさんはお風呂はUBの方が安心安全という感じで書かれていましたが、猫足バスタブとか憧れはあるんですよね(笑)
でも、明らかに日本の生活には合ってないってわかるし…
(現実的な予定も無いのに質問なんてしてすみません。。)

投稿: chikako | 2005年11月 1日 (火) 12時30分

chikakoさんコメント∩トラックバック有難う御座います。
輸入建材とアイテムですよね。はっきり賛否が分かれますよね。次回のお題に取り上げましょう。それから之からもどんどん質問してくださいね。待ってます。。。

投稿: Nobu | 2005年11月 1日 (火) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家について考えよう⑩:

» ようやく秋晴れ [life-size-life]
ようやく晴れて良い天気になりましたね。 実は…一度全部記事を書いていたんだけど、 [続きを読む]

受信: 2005年11月 1日 (火) 12時09分

« 今日は日曜日なので・・・ | トップページ | 家について考えよう⑪ »