« あ~あ・・・ | トップページ | 我が家の建築事情 »

建築詐欺

あるサイトの掲示板にリフォーム詐欺について書込みがありました。そこには大手ハウスメーカーの事も・・・

私は大手ハウスメーカーが詐欺を行っているとは思えない・・・おそらくメーカーの営業がノルマを達成する為に使った口が災いしていると思う。言った言わないは解決不可能な争いになるその対応を間違えるととんでもない事になる。

おそらく“家を建てたい”と思うとまず行くのがハウジングセンターになるだろう。そこで会うのが『営業マン』になる。初めに彼らと話をしてメーカーの特徴を知る事になる。

今は色々な現場や工場を見ることが出きる。工場を見学して感心して自宅に帰っても実の所肝心な事はこれでは解らない。工場にはすごい機械が導入されている。現場は掃除が行き届いていて職人さんの対応も良い。いかにも自分の希望が現実になると思え夢が膨らむ。。。事実会社がしっかりしている事を確認するのは必要であるが最も必要なのは、自分達の希望を聞いてくれる人(営業マン)が大きなポイントになる。この人が口先ばかりでは建つ家に自分達の希望は反映される事はない。

契約を済まし自分の家が今、造られているとしよう。建築中の自分の家を見てこんなので良いのか?と疑問に思い連絡をすると、『いつもこの施工方法で、以前見学した現場もそうでしたよ。』と言われ素朴な疑問にも答えることは少ない。また営業マンに頼んでおいた事が現場に反映されていないと気づき現場監督に聞くと図面に記載されていないし今更無理だと言われる事もある。しかたなく営業マンに聞くとその事に対し言い訳をしてきたり悪い場合は聞いてないと答えてくる。この場合メーカーの対応にも色々あるが実際要望は反映される事無く家が完成する事が多い。

なぜこのような事が起こるのか・・・それは【打合せ】と【設計者】に問題がある。第1に【打合せ】の問題がある。建築知識の乏しい営業マンが担当になると質問内容に答える事ができない。全ての質問に対して上司や設計に聞く事も出来ず適当な答えを出してしまう事もある。ここで現場とのズレが生じてしまう。また打合せ内容を正確に設計に伝える事ができないと御施主の思いを設計者に伝える事が出来なく結果として希望のプランは出来ない。この事が契約前に気がつけば良いのだが何故か気が付かない事が多い。第2に【設計者】が問題となる。今、打合せに設計者が同席するメーカーもあるから良くはなっているが基本として設計者は御施主に会ったり現場に行って施工状況の確認をする事は少ない。知識はあっても御施主を知らなければ現場も知らない為に御施主の気持ちも解らないのは当然だろう。そして現場を知らないから設計者の世界観でしかプランは出来てこない。私は大手ハウスメーカーの設計者達と話しをした事があるが言葉に中に御施主は存在しなかったのを覚えている。

それでもハウスメーカーを希望する人は多い。私もけっして全てが悪いとは思わない。商品としての家をみれば、なかなか良かったりするし当然私自身設計の参考にもなる。ただ詐欺集団と呼ばれてしまうには要因がある事が言いたい。もしもハウスメーカーで家を建てるならばこのような要因と付き合い良き家を建てる事を願うだけです。

|

« あ~あ・・・ | トップページ | 我が家の建築事情 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築詐欺:

« あ~あ・・・ | トップページ | 我が家の建築事情 »