« 断熱工事 | トップページ | 緊急事態? »

久しぶりに

2日間ほど図面に没頭して昨日は久しぶりに外へ。現場からの帰り道以前仕事で付き合いのあった大工さんの所へ行き、大工さんと色々話をする。現場の事・収まりの事・お施主さんの事・etc・・・。
昔は家を造る大工さんは絶対的な存在だった・・・しかし今は・・・。昔の家造りは“お施主さん⇔大工さん”だったでもハウスメーカーが増えた現在“お施主さん⇔営業⇔現場監督⇔大工さん”に変わった。日に日にお施主さんと大工さんの距離は遠くなり大工さんは言われたままに造る機械になってきている。時代の変化に寂しさを感じ又この変化に着いて行かなければ生活が出来ない事に愚痴もでてくる。私は学生時代、建築をいかに工業製品化して品質を統一して行くのかを学んだ。確かにお施主さんにとって自分の家がどうなるか、間違いなく出来るかという不安からは解消される。消費者から見れば当たり前の事が当たり前になった。しかし私は今まで「住宅営業・住宅設計・現場監督・住宅の下請け」と色々経験を積むにつれ家は車を買うようなものではないと思うようになった。人は高いお金を出して家を買う、当然失敗はしたくないと考える。考えるあまり何処で建てるか迷いながら建てる。不安は尽きないだろう、私もそうだった。でもこの不安を取り除くのは人と人とのコミュニケーションではないだろうか。私は今まで建てて来たお施主さんと家族ぐるみでお付き合いをしているし出来ている。当然失敗もあったし喧嘩もした、だがそれでも付き合いは続く。失敗も笑って許してもらえる(欠陥ではないです)関係が其処にはある。今家を建てようと思う人に一言言うならば、せっかく高いお金を出して家を造るのですから人と人との絆も創れると良いと思います。
・・・という話を大工さんとし現在に愚痴をこぼし合ってきた私・・・。 

|

« 断熱工事 | トップページ | 緊急事態? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118060/5305443

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに:

« 断熱工事 | トップページ | 緊急事態? »