トップページ | 2005年8月 »

断熱工事

現在建築中の住宅は屋根工事が終わり今日から断熱工事が始まりました。予定では明日から断熱工事をする予定が業者さんの御都合で今日に・・・。現場には大工さんの他に水道工事屋さんも入っていて皆ドタバタ・・・。断熱工事屋さんは養生をする為に窓を全てふさいで仕事開始・・・。現場の中は蒸し風呂状態に・・・。暑さのあまり逃げ出した私・・・。ごめんなさい・・・現場の皆さん気をつけてがんばってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の仕事場にはエアコンという文明の産物がありません。午前中は暑さに耐えることが出来ますが午後は無理・・・。いつもの仕事のサイクルは午前中図面や資料作成をし午後には現場など外出し夜涼しくなってからその日の残務作業といった感じです。しかし最近は朝から暑い・・・。プランを考え図面を作成しようとしていてもすでに頭から煙が・・・。これはいけないと考えている所に台風上陸、幸い私の住む地域は直撃を免れましたが、この日は朝から涼しい・・・昼も涼しい・・・夜も涼しい・・・この日に全部仕事を済ませてしまいました。
そして昨日、雨漏りのお宅へ再調査。雨漏り部分がアルミの後付バルコニーの下と言う事で
調査難航・・・。でもよ~く見るとバルコニーを支える金物がサッシの下部分に当たっている・・・。
まだ結論は出せないが漏る時の雨状況や部屋での漏り方などなど総合するとくさい。その部分をよ~く見ていた時なにやら肩の辺りで動く者が・・・。つい振り払うと “チクッ” と辺りを見ると蜂が・・・。しまったと思ったときは遅かった・・・。
調査後、調査費用と想像出来る補修費用また大掛かりな場合の補修工事(MAX金額を提示し工事の規模を決める目安にするため)の見積もりを提出する事を説し(補修工事終了後の金額請求だと家の方が心配されます。)殺虫剤をお借りして蜂の巣の除去をしてから場所を変えて業者さんとの打ち合わせをしてから別の現場へ。現場で蜂に刺された事を伝えるとそこから“蜂の子”の話に・・・。しかし・・・職人さんは皆蜂の子好き?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨漏れ・・・

今日は以前お世話になった方の紹介でリフォーム相談に行ってきました。相談者のお宅は築25年、増築歴1回、リフォーム歴1回。相談内容は『増築部からの雨漏り』との事。
10年ほど前に飛び込みの業者さんに頼み増築した所よくあるつないだ部分からの雨漏り・・・。
当初直しに来てくれていたがなかなか直らずに外壁の張替と一緒に直そうという事で別の業者さんに頼んだ結果別の場所から漏り出したとの事。悩んだ結果知り合いの大工さんに相談され雨漏りの修理・・・。でも直らずギブアップ・・・。でもこの大工さんは良心的で修理したものの完全には直す事が出来ず修理代の請求はなかったそうです。いつしか相談する人もなく途方にくれ知人に話した結果私の名前が出たそうです。外部から見て状況確認・・・。いかにも雨漏れしそうな屋根の形・・・。そして苦労した修繕の跡が・・・。家の方に雨が漏れるときの状況確認(雨の強さと風の向きなどの確認などをします。)をして今週末再度現場確認をする事に・・・。
増築するときにしっかりと設計され施工されていればこんな事ないのに・・・後から直すのって大変でお金もかかる・・・本来必要のない工事にお金を出さなくては・・・独り言を言いながら帰路につく。『いままで直せなかった雨漏れはない!』いつものように自分に言い聞かせる。しかし今回は難題そうで初めて土がつくかも・・・。少し弱気になりながら今週末が楽しみな私・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床屋さん

 今日は知人の紹介で床屋さんのリフォームの打ち合わせに。初めての土地でもカーナビがあるので探すのも楽で良いです。自己紹介の後仕事の話・・・。リフォームのポイントは女性も気軽に入れる床屋さん。御主人の希望を伺い悩む私・・・。御主人の仕事の話を聞きながらいつしかお互いの身の上話が始まると御主人は去年まで大病を患っていたとの事・・・。仕事を休み療養生活を送りやっとの思いで仕事にも復帰!これから心機一転がんばるとの事。『すごいなぁ・・・』と思いながら床屋さんを後にして現場へ・・・。
 最近設計の仕事は単にデザインを考え図面にし形にするだけでは無いと思うようになりました。設計者としてだけではなく人として成長しなくてはと思う今日このごろです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上棟

 昨日の続きですが、本日は上棟です。順番に1階の柱の設置から始まり午前中には2階の梁の設置と2階の床下地まで進みました。今日集まった大工さんは合計で5人と決して多くない人数でしたが、大工さん同士お互いの役割分担を決める事により順調に進んでいきました。午前中にはお施主さん夫婦も現場に顔を出され自分の家が出来ていくのを楽しそうに見ておられましたが、残念なことに今日はお仕事があり最後まで見る事が出来ませんでした。午後からは2階柱の設置から作業再開し小屋桁→母屋→棟木→屋根垂木を設置して本日の工事終了となりました。猛暑ではなくても暑い中、現場管督さんも含め大工さんクレーンの運転手さん皆がんばってくれました。私は家の設計は出来ても自らの手で家を造る事はありません。ですから皆さんに感謝感謝!(余談:ちなみに今日の私は作業の確認をしながら現場の掃除をしてました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上棟前日

 先日から工事をしている物件が、土台敷きも無事に終え、明日上棟となりました。この家の御施主様は30代の御夫婦で初めて会った時から1年半以上経っています。いままで色々ありましたが明日いよいよ上棟です。今日は構造材が現場搬入される日なので材料検査に現場へ。柱については御施主様御指定の材(加圧注入材を指定されました)の為特に要注意、現場で材料確認をしている所へ現場管督さんが来て一緒に確認してOK。検査後トラックの運転手さんと皆で材料の養生をしてイップク・・・。このイップクが楽しみで現場に来ているようなもの(仕事はしっかりやります)、でもあまり現場に行くと嫌がられますけど・・・(納得いくものを造るにはよく確認していき此方の意図を伝える事と職人さんの意見をよく聞いて工事を進めなくてはいけません)。明日は私も一日現場です。暑くなるかもしれませんががんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土台敷き

 今、監理中(工事中)の住宅に今日から大工さんが入りました。今日の工程は土台材を所定の場所に置き墨をつけ、アンカーボルトの穴をあけながら基礎の上に乗せていきます。構造的には今流行している(ハウスメーカーが使用しています。)金物接合工法(木材と木材とを金物で接合する工法です。)を採用しています。今回の住宅は全て木材は集成材を使い床や壁は直接、梁材や柱材に取り付けていく為、今日行われる工事の精度が重要なポイントとなります。しかし今日は非常に暑いです。私も含めみんな少しヘロヘロでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復旧作業中

 先週の火曜日に仕事を始め様とPCの電源をON。しばらくして画面をみると・・・まだ起動中・・・『?おかしい?』と思いながらマウスを動かすと・・・動きが悪い・・・CADを起動して・・・砂時計が消えない・・・あまりにもPCの動きが鈍い為・・・再起動・・・終了しない・・・。仕方なく強制終了・・・しばらくして再度電源ON!・・・スキャンディスクでエラー発生!・・・スキャンディスクを未終了のままウインドウズ画面に・・・『うわ!またか!』と思いつつ再びスキャンディスク再開・・・再びエラー発生!スキャンディスクが進まない・・・そしてフリーズ・・・『・・・いやな予感・・・』再再度強制終了・・・再再度電源ON!・・・windowsのロゴが出て来て・・・またフリーズ・・・再びPCの画面にwindowsのロゴが出て来ることはありませんでした・・・・『・・・データー・・・』そう呟いた時にはもう遅く今までの仕事のデーターが消え、PCは即日入院し予定よりも早く昨日退院してきました。とりあえすメールを使えるように設定し仕事先へメール・・・『一度送ったデーターを送りなおして下さい。』・・・皆さん親切で今までのメールを送りなおしてくれます・・・(感謝!感謝!)。以前友人が言ってました・・・PCは壊れる物、金庫じゃないから信用して入れ過ぎない事、バックアップデーターは日々作っておく事!『バックアップ作っておくべきだった・・・』・・・後悔先にたたずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事

 今日は監理中の現場へ。物件としては40坪ほどの住宅です。一般的によく用いられるベタ基礎を採用しています。今日の工程は基礎立上部の型枠組、先日基礎の配筋検査を済ませているものの鉄筋の配置位置の再確認。いわゆる『コンクリートに対する鉄筋のかぶり厚さ』を見てきました。かぶり厚さはOK!でもよくみると基礎杭の鉄筋が・・・ずれてる・・・。早速現場担当者と確認、幸い少しずれているだけで補強可能範囲コンクリートの厚さを少し増すことでクリアー。明日はコンクリート打の予定ですが天気が心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

保証

以前、家の設計をしたお施主様からTELがありました。『外の物置の扉が壊れている。保証書もあるから早く直すようにして!』あわててお施主様のお宅に行ってビックリ!“これは壊れたのではなく壊した・・・”(私の心の声)『これって・・・』って言う間もなく『保証書あるからタダで直してね!メーカーさん呼んでね!』強気の奥様からのお言葉に『これくらいなら私が直します。』と返答・・・2時間かけて倉庫の一部を解体し扉をはずして元通りに、元通りになった倉庫を見て“扉のレールに石が挟まって動かなくなった扉に鉄拳の制裁、その結果壊れた。”私は心の中で色々考えているとそこにご主人が来てお互い目を見合して〝ニコッ〟っと・・・私たちは長い付き合い言葉を交わさなくても解ります。夫婦喧嘩は、ほどほどにしてくださいね。

倉庫は直せても夫婦の関係はは直せませんので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お初です。

お初にお目にかかります。 設計屋さんの日常や独り言(小言)を 載せて行こうと思います。 今後とも宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年8月 »